【スポンサーリンク】

ぜんじろう 芸歴で後輩?太田光の呼び捨てに不快感もSNS上の反応は…

 お笑いタレントのぜんじろう(51)が爆笑問題の太田光(53)から呼び捨てにされたことに「ちょっとだけイラっとする」と不快感を示した件で、SNS上では「名前が売れてよかったのでは?」、「器が小さい。直接言えばいいのに」と冷ややかな声が上がっている。

 

 事の発端は5日のフジテレビ系「バイキング」に出演した東国原英夫の発言だった。コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された俳優・ピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)の相棒である電気グルーヴの石野卓球が「えー!?死刑じゃないの?」、「早く瀧に会いたいなー」とツイートしたことに、「電気グルーヴを知らない方たちが見た時に『この人は社会人として大丈夫なのか?』っていう目で見られるっていうことを自覚されてるのかな?とちょっと心配になる」とコメント。これに対し、ぜんじろうが自身のツイッターで、「麻薬の不祥事くらいで、ここまで騒いで、たたいて、ましてや容疑者でもないメンバーのツイートの中身をあげつらって、正義面でこんなにたたいて商売してる番組を平気でやってるほうが『社会人として大丈夫なのか?』」と痛批判した。


 7日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」でこのツイッターが取り上げられ、MCの太田は「ぜんじろうは相変わらず厄介だね」とツッコミを入れたことに、ぜんじろうが9日にツイッターで反応。「海外では、はるかに年下の同業者やお客さん、スタッフにZenjiroとかZenとか普通に呼ばれているのに、日本の芸能界で後輩の太田くんにサンジャポで『ぜんじろう』呼ばわりされてちょっとだけイラっとする不思議(笑い)なんでしょうね?これって(笑い)人の心って複雑ですね~(笑い)」と思いを語った。

 

 ぜんじろうは太田より年下だが芸能活動で2年長いという認識だったため、「ちょっとだけイラっとする」と感情を明かしたとみられるが、SNS上の反応は冷ややかだ。「東京の芸人と大阪の芸人では芸歴の解釈が違うのでは。いずれにせよ直接言えばいいだけの話」、「器が小さい。むしろ名前を呼んでもらったんだからプラスに捉えた方が良いのでは」と書き込みが。「叩かれていますが、今後は芸で見返してください」と今後の活躍に期待する応援のメッセージもあった。

f:id:imp0201:20190409185543j:plain