【スポンサーリンク】

病魔と闘う韓国の「伝説のアスリート」に、日本から激励の声が殺到

 すい臓がん闘病中の柳想鉄(48)が2日、韓国プロサッカーKリーグ1・仁川ユナイテッドの監督を辞任することが判明した。

 

 韓国紙・朝鮮日報によると、同クラブは「柳想鉄監督はすい臓がんの治療のため、先月28日に辞意を表明した」と明らかにした。柳想鉄監督の契約期間は今年11月まで。契約期間を満了していないが、クラブは残りの年俸をすべて支給することにしており、柳想鉄監督を名誉監督に選任したという。昨年5月に就任した柳想鉄監督は、同年10月にすい臓がんステージ4と診断されたがピッチを見守った。この姿を見た選手たちは一つに団結。10位(7勝18敗13分・勝ち点34)で1部リーグ残留を果たした。柳想鉄は現在、抗がん剤治療を受けるため入院している。「短い時間だったが、仁川で本当に幸せな思い出がたくさんできた」と語ったという。

 

 柳想鉄は現役時代にJリーグの横浜F・マリノス、柏レイソルでプレー。DFからFWまでこなすユーテリティープレーヤーとして、高い技術と強靭なフィジカルで日本でも人気選手だった。先日、韓国の釜山で行われたE-1選手権でも決勝の韓国戦で、日本代表のサポーターが陣取ったスタンドに「できるよ、柳想鉄兄貴!!」とハングル語で書かれた横断幕が掲げられた。

f:id:imp0201:20191127165133j:plain

 今回の監督退任の一報に、ネット上では、「かつて日本代表を苦しめてきた熱い漢。熱い気持ちで病気に打ち勝ってほしい。サンチョルなら病気に打ち勝てる」、「ユサンチョル選手は日本でも活躍して日本人サポーターにも愛されていた選手ですね。韓国人だから、、、、とか言わないでひとりのサポーターとしてゆっくり病気を治して一日でも早くピッチに戻れるようお祈り申し上げます!また元気な姿を見せて下さい!」、「歴代の韓国人選手で一番好きでした。どこでもこなせるし、足元も上手いし、ガッツと無尽蔵のスタミナ。こんな事書くと誹謗中傷受けるかもだけど、俺はあなたに憧れて1度辞めたサッカーを社会人になってまた始めました。絶対に良くなってまた帰ってきて欲しいです!」など激励のメッセージが殺到した。命の重さに国籍は関係ない。病気に打ち勝ちグラウンドで再び指揮をふるう姿を、韓国人も日本人も祈っている。