【スポンサーリンク】

行方不明のゆうパック運転手が逮捕 ネット上では運転手を擁護する声も

 京都市左京区の左京郵便局で9日にゆうパック数十個を積み込んだ配送車の行方がわからくなった問題で、京都府警下鴨署は運転していた自称運送業の男(27)が配達業務を放棄して車を乗り逃げしたとして横領の疑いで15日に逮捕した。男は容疑を認めているという。

 

 大手メディアの報道によると、同日昼ごろに署員が東山区の祇園地域のコインパーキングで所在不明の配送車が止まっているのを発見した。男は運転席で寝ていたという。車内にはゆうパック数十個が積まれたままで、紛失被害はなかった。男の逮捕時の所持金は1円だったという。

 

 男が行方不明になった6日間、事件や事故に巻き込まれた可能性もあったことからネット上では安否を気遣う声が多かった。業務を放棄して失踪し、軽ワゴン車を横領した疑いで逮捕されたが、ネット上では「見つかって良かった。自殺とか事故じゃなくて良かった。誰にでも投げ出したくなる時はあるし、少し休ませつあげてほしいなぁ。責めるのではなく、、。寛容な対応をお願いしたいです」、「ああ生きてた!良かった…仕事が嫌になることも人生が嫌になることもあるからなぁ。勿論、迷惑かけたこと、心配かけたこと猛省しないといけない。罪を償って、またやり直して欲しい。あの時、死ななくて良かったと思える人生を送れますように」など男に同情的な意見や、エールを送る書き込みが目立つ。

 

 一方で、男を擁護する意見に反論も。「運転手さんを擁護するような方もいるけど、その荷物がその日に必要で待ってた人もいると思う。例えば仕事で使ってる人もいるだろうし。本当は定型外の方が安いんだけど急ぐからゆうパックにしたって人もいるだろうし。社会人としてもう少し責任感を持った方がいいと思うよ」、「事件に巻き込まれたのかと思ったら、ただの職場放棄って…それでも何故かこれだけ擁護されるのは何故かと思う。嫌な事なんて誰にでもある、それでも殆どの人が我慢して働いている。逃げようが辞めようが、せめて残りの荷物は配達してからでもよかっただろうと思うのだが。この配達員が、たとえば働いて1週間で失踪したとしたら、勝手に郵便局に矛先を向けている人はどう思うんだろうね」と指摘があった。

f:id:imp0201:20190516100133j:plain

 荷物を届けなかった男の行為には猛省を促すとともに、失踪に踏み切った事件の背景を見つめ直さなければいけない。