【スポンサーリンク】

愛の告白は売名行為?みやぞんからのLINE未読でゆきぽよに疑問の声が

 お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(34)が29日放送の日テレ系トークバラエティ番組「メレンゲの気持ち」に出演。テレビ番組で好意を抱いていると告白されたモデルの「ゆきぽよ」こと木村有希(22)とプライベートで食事に行ったことを明かした。

 みやぞんは昨年末のテレビ番組でゆきぽよから告白されたが、その際は冗談だろうと思っていたと振り返った。しかし、別の番組でも告白されて本当かもしれないと思い、親交が深い元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈(36)とお笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二(43)と4人で食事へ。誕生日が近かったため、ゆきぽよからパジャマをプレゼントされたという。みやぞんはそのパジャマを着た写真とお礼の文面をLINEで送ったがなぜか未読のまま。同番組でゆきぽよにその理由を直撃したころ、未読のラインが193件もたまっていたことが発覚。みやぞんからのLINEに気がつかなかったという。

f:id:imp0201:20190629201525j:plain

 このゆきぽよの反応に、ネット上では「みやぞんからのラインを既読しない時点で、本当に好きじゃないのでは?と思ったのは俺だけだろうか」、「人の恋心をもてあそんで売名行為をしているのだとしたら、好感度下がるな」とゆきぽよがみやぞんに恋心を抱いていることを疑う声も。「みやぞんは、いいやつだと思います。ラインをスルーする何て好きな人には、気になって見ますよね。売名かも。本気になることは賛成しない。もっと相応しい人がいると思います」、「LINEの未読が溜まってるのは本当だとしても、好きな人からのLINEに気づかないなんておかしい。みやぞん本気にしちゃダメだよ」など、みやぞんがゆきぽよとカップルになることを望んでいる声は少なかった。