【スポンサーリンク】

安倍首相のコラボ動画に好感を示した「ある女性タレント」に、大きな反響が

 19日放送のTBS系情報・ワイドショー番組「サンデー・ジャポン」で、安倍首相が歌手の星野源の動画とコラボしたことを取り上げた際、女性タレントのゆきぽよがこの動画に好感を示した発言をしたことが大きな反響を呼んでいる。

 

 ゆきぽよは「この動画もすごい悪く言われてますけど」とした上で、「ゆき、これ初めてみた時に安倍さんなりに国民に寄り添おうとしたんだなって思って、かわいいなってほっこりしたんです」と明かした。その上で「だからなんでもかんでも安倍さんを批判するのはちょっとかわいそうだなって思う」と自身の考えを語った。

 

 この発言にネット上では、「周りに流されず、自分の感じたことをそのまま言えるということに対してちょっと見直した。簡単なことのようで、それができるコメンテーターは少ない」、「わたしも!ちょっと笑ってしまって割と好意的にあの動画をとらえたけど、次の日見たらめちゃくちゃ批判されて星野源さんも不快感滲ませてて…わたしの気持ちは言ったらダメなんだな思った。だからテレビでこういう意見も言ってもらえてほっとした」などゆきぽよの考えに賛同するコメントが。

f:id:imp0201:20200419135333j:plain

 また、「色んな意見があっていいです。ゆきぽよさんのような意見が封殺される社会は怖いです。全て安倍さんが悪いわけではないと私も思います。安倍さんに対する苛立ちは何種類かに分けられると思います。私が苛立つのは今回の貴族動画に見られる想像力の欠如です。一方、決断力のなさについては色々と大変なんだろうなと思ってしまう部分もあります」という意見も見られた。