【スポンサーリンク】

目黒女児虐待死 母親の判決に「軽すぎる」と批判殺到

 東京都目黒区で昨年3月に船戸結愛ちゃん(当時5歳)を虐待して死亡させたとする裁判員裁判で、東京地裁は17日、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里被告(27)に懲役8年(求刑懲役11年)の判決を言い渡した。守下実裁判長は「大好きだった母親からも極端な食事制限を受けて亡くなっており、被害児童の感じた苦しみ、悲しみ、絶望感は察するに余りある」と述べた。

 

 優里被告は昨年1月下旬から結愛ちゃんに十分な食事を与えず、元夫の雄大被告(34)の暴力も黙認して衰弱させ、3月2日、敗血症で死なせたとして起訴された。公判で検察側は、優里被告が虐待の発覚を恐れて児童相談所の職員に結愛ちゃんを会わせず、娘の命よりも夫婦関係の維持を優先させたとした。弁護側は、雄大被告から心理的なDVを受けていたとして、「DVの被害者でもある事情を考慮すべきだ」として懲役5年が相当と訴えた。


 優里被告に下された懲役8年という判決に、「こんな判決だから、この手の犯罪がなくならない。刑罰には、自分が起こす犯罪と天秤に掛けた時に、思い留まるような役割も必要だと思います。全般的に科される刑罰、判決が軽すぎると思います。真面目に生きている人が、損をしているような気分になります」、「余りにも短い懲役期間だと思います。もっと期間を長く出来なかったのでしょうか?子どもを見殺しにしたのは母親の方なのに、母親の人権を尊重する懲役刑になるのは不思議で仕方がありません」と量刑が軽すぎるという批判の書き込みが殺到した。

f:id:imp0201:20190914150602j:plain

 また、「同情の余地はあるが亡くなった子のことを考えると妥当な線かなとも思う。それよりDV被害を止められなかった警察や児相、病院の対応にもっとスポットを当てるべき。警察の『あざはありますか』発言や病院の『(下剤の量は)大したことないですね』発言は、あまりにも軽率だったのでは。この母親が逃げられる道を作ることができなかった(逆に塞いでしまった)ことは、社会全体の責任と言えるかもしれない。虐待やDVを家庭の出来事に終始させないのが警察や児相、病院の役割だと思う。そのために児相を中心としたネットワークがあるのでは?」と指摘する声もあった。