【スポンサーリンク】

人気YouTuberのある動画に、「この嘘は悪質すぎる」と怒りの声が

 人気YouTuber・桐崎栄二が11月30日に投稿した動画が虚偽の内容だったと自身のツイッターで謝罪し、大きな反響を呼んでいる。

 

 問題の動画は11月30日に投稿された内容で、タイトルは「大好きな爺ちゃんへ」。先ごろ亡くなったとする祖父の思い出を、過去の写真とともに振り返っていた。桐崎の祖父は動画にたびたび出演しており、個性的なキャラクターから視聴者の人気が高かった。動画のコメント欄には「涙が止まらない。おじいちゃんのご冥福をお祈りします」など追悼のメッセージが数多く書き込まれた。

 

 ところが、今月6日に桐崎が自身のツイッターで、「爺ちゃんが亡くなったような内容の動画でしたが、事実ではありません。爺ちゃんは生きています」と告白。「亡くなったことが事実ではないのに、温かい声やご心配をたくさんいただいてしまいました。視聴者のみなさまを欺くような形になってしまい本当に申し訳ございません」と嘘の内容の動画を投稿したことを謝罪した。

 

 今回の動画を作った理由として、桐崎の祖父が動画に出て周りに声を掛けられることを嫌がり、「死んだという動画をつくってくれ」と言われたことを明かした。桐崎は「『爺ちゃんは動画を卒業する』ということが伝わる動画にするべきだったと思います。でも僕は、爺ちゃんの意思だからという理由と、これが爺ちゃんとの最後の動画になるという理由で、勢いがついてしまい、「亡くなった」という動画を制作してしまいました」と動画制作の経緯を説明。「視聴者のみなさまからたくさんの温かい声をいただいてしまった時に、とても不謹慎で、やってはいけないことをしてしまったと、気付きました」と視聴者への謝罪と共に、問題の動画を非公開にしたことを発表した。

 

 ツイッターのコメント欄には、「それはちょっと…ガチで悲しい思いしたこの気持ち返してほしい。もっと違うやり方があったと思います」、「どうせネタだろーなって信用してなかったけど、コメ欄見た時にガチなんだなーって思ってた。けどやっぱネタなんだね昔からそうなんだけど、信用してる人を騙すような動画は本当にやめて欲しい」、「この嘘は悪質すぎる。ファンだったのにがっかりしました」など批判や落胆のリプライが相次いだ。

f:id:imp0201:20191210112449j:plain

 一方で、「お爺さんがお元気でなによりです。最初は本当に亡くなってしまって家族の皆さんすごく落ち込んで動画どころではないと思っていたんですが本当に元気でいる事がわかって良かったです。お爺さんのお願いを聞いて桐崎さんは素直で優しい人だと思いました。これからも応援してます」、「あんまり桐崎栄二のこと擁護したくないけど、桐崎のおじいちゃんが嘘で死んだことにYouTubeで報告しといてくれって頼むほど結構桐崎の視聴者迷惑なことしてたんだなぁ」と激励のメッセージ、一定の理解を示す意見も。思わぬ形で注目を集めた桐崎の祖父の胸中も複雑だろう。