【スポンサーリンク】

あなたはどう感じた?「若者よ、選挙に行くな」の動画に賛否両論の声

 今月21日に投開票の参院選に向け、芸人のたかまつななさんが12日に投稿した「若者よ、選挙に行くな」というタイトルの動画が若い世代を中心に大きな反響を呼んでいる。

 

 米国の動画を基にしたパロディーで、中高年層の男女3人が登場。カメラ目線で「年金が破綻する?関係ないわ。だって私は貰えているもん」、「教育予算が減っている?その分、医療費に回してもらえるからありがたいよ」、「地球温暖化?20年、30年先の話なんて知らないわ」と現状に満足していることを強調する。そして、「年金を払いたくない。残業は嫌だ。給料が下がった。匿名でよくつぶやいているね」、「でもあなたたちは選挙にはいかない」、「だから私たちが政治を動かしているの」、「あなたたち若者は存在しない人」と若い世代を煽った後に、3人がそれぞれ「私たちは選挙に行く」と宣言して終わる。

 

 動画を投稿した芸人のたかまつななさんは、18歳への選挙権が拡大したのを機に「政治をもっと身近に感じてほしい」という思いから、「笑下村塾」を設立した。若い世代に政治に興味を持ってもらおうと様々な活動をしている中、今回の動画を投稿。自身のツイッターで、「若い人たちへ。 これでも、あなたは 選挙に行きませんか。 7月21日は参議院選挙です」と呼びかけた。

 

 この動画が大きな反響を呼んだ。「日本バージョンができたんですね。これは凄いインパクト。若者だけでなく、多くの人に見て、選挙に行く気になって欲しいですね」、「自分たちの国。ちゃんと考えよう。 選挙は行って、文句を言う。 行かないのに政治家の文句は言えない」など評価や称賛のメッセージが見られたが、動画に出演した中高年層の3人が若者に向けて煽るような発言をした構成に批判的な意見も。「世代間闘争を促すことが いかに愚かなことか。 これを作った方は 親、祖父母、年長者への 尊敬も全く感じられません。 選挙へ行くことは とても大切です。 ですが 若者vs老人ではない。 若者も老人も一緒に、ですよ」、「こうしたビデオを流してまで、若者に投票を呼びかける努力は評価するが、世代間の分断を煽る論調が露骨過ぎるのが好きではない。 このビデオを見るだけで結局投票に行かない若者には、高齢者世代に対する敵対感情だけが残ってしまう」など危惧する指摘もあった。

f:id:imp0201:20190626200138j:plain

 また、「世代間の溝を深めるとかいう人が多いことに驚いた。こういう皮肉が分かる人も少なくなってきている。逆効果になってしまうのかね」と心配する声も。この動画に賛否両論あったが、視聴者へのンパクトは大きかった。投票に行かなければ政治に文句を言う資格はないというメッセージに納得した有権者は多いだろう。