【スポンサーリンク】

AKS吉成社長が「暴露発言」報道 社長の資質を疑問視する声も

 週刊文春のデジタル版が、8月27日に活動を再開したNGT48メンバーの保護者を集めた説明会で、運営会社「AKS」の吉成夏子社長が暴行事件を告発した元メンバーの山口真帆(23)が犯人たちと「元々つながっていた」と発言したと報道したことが大きな反響を呼んでいる。

 

 保護者会の数日前、現役のNGT全メンバーの前でも「犯人側の主張」と前置きした上で、「「あくまで犯人側の主張」と断った上で、「事件前から犯人の男性と繋がっていた山口が、あることが原因で男性と不仲になり、無視するようになった。連絡をとれなくなった男性が、直接話そうと山口の部屋を突然訪れた。そのために事件は起こった」と説明したという。

 

 この報道にネット上では、吉成社長が暴露発言したタイミングについて疑問の声が目立つ。「もしそれが本当なら話しは全く違うし、自分が悪いのに会社が悪いって山口さんは騒いでるってことですよね?それなら会社側は山口さんを名誉毀損などで訴えるのでは?だって活動休止にもなりこんな大事になりマイナス面は多すぎる。そのことが本当なら山口さんは嘘デタラメを言いふらし、スポンサーなど周りの人へも迷惑をかけた。だとしたら山口さんはおかしいしここまできたら訴えられますよね?それをしないのはなぜ?」、「これが本当なのか嘘なのかで状況が一変してしまう話なのは確かだけど、じゃあ何故こんなにも大切な話をもっと事件当初に言わなかったのか、AKS側の会見時に言えばもっと話がまとまったはずなのに。それを言わなかった理由や何故。今になってAKSが被害者ヅラしているのか疑問しか残りません。真相は山口真帆が知っているはずだから虚偽の話なら即刻名誉毀損で訴えるべき」との書き込みが。

f:id:imp0201:20190810190103j:plain

 また、「ちょっとこの社長、頭大丈夫でしょうか?とにかく言いたい事があるなら、経営者として正々堂々と記者会見をして発言すべき。陰でこそこそは小学生のイジメレベルです。こんな大人がトップのNGTに将来はないでしょう。スポンサーがついたら軽蔑します」、「凄いですね。犯人と訴訟をしている側が、犯人の一方的な言い分をさも事実のように公言しているのですか。運営は誰と戦っているのか、犯人と裏取引しての茶番劇の裁判だと言われるのも納得です」など吉成社長に対して批判の書き込みも目立った。