【スポンサーリンク】

大阪・吉村知事のGoToイート巡る「ある発言」に、大きな反響が

 大阪府の吉村洋文知事が18日、府庁で定例会見に臨み、20日に行われる府の新型コロナウイルス対策本部会議で、府民に5人以上での飲食自粛を要請する考えを明らかにした。「GoToイート」事業についても、府では5人以上を適用除外にする方針。対策本部会議での正式決定を経て、21日から実施する。

 

 メディア報道によると、吉村知事は「感染拡大の発火点は口もと。大人数のどんちゃん騒ぎで広がりやすい。5人以上の自粛をお願いする。4人以下で唾を飛ばさず、静かに飲食を楽しむ慣習をつけていきたい」と理解を求めた。また、「GoToイート」事業に関して5人以上の利用は対象外にするとし、「すでに食事券を買ってしまった人もいるだろうが、店の人は『大阪府が決めた。吉村知事のせい、あいつのせい』と言ってもらっていい。お店の負担を増やさないために、一定のルールは決めたいと思う。責任をもって判断する」と語ったという。

 

 ネット上では「5人以下が正しいか判断は誰もできないと思うけど、明確な指針は会った方が良いと思うし、店側も断る口実ができる。吉村知事に直接的な責任はないと思うけど、「あいつのせい」と批判の的になる覚悟があるのは、GOTOの問題について追及しない与野党の政治家に比べたら頼もしく感じますね」、「これくらい潔い、明確な姿勢を出せばコロナウィルス対応として一番の特効薬になるだろう。あとは国民がどれだけ意識できるかだな」などのコメントが。

f:id:imp0201:20201119073121j:plain

 一方で、こういうの余計だと思うし、この方の悪い癖だと思う。本音は『私のせいと言ってくれていい』ではなく『私のせい(おかげ)と言ってくれ』なのだろうが、結局人数制限したって、2組に分けて予約して合流されたら意味ないし、せめて家族縛りならまだしも、普段寝食を共にしない人が集まれば何人だろうと良いことではない。そもそも、イートはそろそろ予算が尽きて終了という話で、それよりもトラベルの見直しを考えた方が遥かに得策」という指摘も見られた。