【スポンサーリンク】

コロナ検査巡る吉村知事のメッセージで、「あるタレント」に批判の声が

 大阪府の吉村洋文知事が8日に自身のツイッターを更新。「PCR検査をもっと増やせ!という論者に聞いてもらいたい」として、医師でタレントのおおたわ史絵が、検査を行う医師も感染リスクを負うとブログに記していることを紹介したメッセージが大きな反響を呼んでいる。

 

 吉村知事は「おおたわ医師のこの声を、PCR検査をもっと増やせ!という論者に聞いてもらいたい。検体採取がどれ程大変なことか」と指摘。自身は感染拡大防止のため「大阪はPCR検査数が全国1、2で、僕自身、もっと増やすべきと検査体制強化の考え。ドライブスルー検査も複数箇所で実施している」としたが、「ただ、この声は皆が知るべきだ」とおおたわのブログを紹介した。

 

 おおたわは日本のPCR検査について「なかなか増えていない。あたりまえだ。できる場所が限られている。やる医師が少ない」とつづり、「医療を責めているわけではない。鼻粘液採取の手技をするのは医療従事者自らも感染リスクを負う」と指摘。「もし感染しても自分は軽症で済むかもしれないが、家族はどうなるだろう?小さい子供、老いた親。ウィルスを持って帰るわけにはいかない。必然的に自宅に帰れず、病院に寝泊りせざるを得なくなる。いつ家族に会えるかわからない」と医療従事者が直面している実情を伝えている。

 

 海外で検査が進む理由に、軍隊の医師の存在があると思うとし、日常的に生物兵器に対する演習として防御服や汚染物の扱いに長けているとする一方、日本では「大多数の医師は防御服を着た事がない」「もとから世界で最も清潔な国のひとつゆえ、疫病対策には重点が置かれていなかった」と説明。「そんな慣れない彼らが自衛隊の指導のもとに検査を始めている。使命感以外の何者でもない」と伝えた。

f:id:imp0201:20200503204519j:plain

 吉村知事の投稿は、タレントのラサール石井が7日にツイッターで「吉村知事大阪モデルいいと思いますがその実行力で是非、大阪府民全員、無理なら大阪市民全員にPCR検査をして(無論強制ではなく)真の陽性率を出して下さい。それが日本の陽性率の指標になるでしょう」と提案したことに対する回答だという見方が多い。ネット上では、「ラサール石井はこれを読むべき。大阪府が休業要請を聞かなったパチンコ店の名前を公表した時も、逆効果みたいなことを言っていたけど、実情を知らず薄っぺらい知識で提案するのはもうやめてほしい」、「ラサール石井のツイートがいかに的外れであるかがわかる。もう吉村知事に食って掛かるのやめれば?」などの指摘が見られた。