【スポンサーリンク】

コロナ感染した横浜の10代男性が熊本帰省 家族の「ある対応」に驚きの声が

 神奈川県横浜市で新型コロナウイルスの感染が確認された10代の飲食業男性が実家のある熊本に帰省していたことが判明し、批判の声集まっている。

 

 熊本県によると、10代男性は25日、「陽性者と接触し、発熱などの症状がある」と保健所に相談。市から外出しないよう指示されていたが、PCR検査で陽性が確認された翌26日夕、すでに飛行機で熊本県に到着していたという。男性は27日に横浜に帰宅する予定だったが、熊本県が外出しないよう指示した。男性は実家に着き「検査を受けた」などと告げると、家族は家には立ち入らせず、敷地内にテントを張って過ごさせたという。

 

 ネット上では「これまでも同じようなケースが沢山あったのに…検査までして何故結果が出る前に移動するのでしょうか?もう検査はしても陽性判定が出るとは思わなかったのでしょうか?自分勝手な人達が多すぎて 頑張っている人達がかわいそうです」、「何故外出するなって言っているのに外出するのかな。それも飛行機もご丁寧に使って長距離を。搭乗した飛行機の便名、座席の公開と熊本からバス利用したならばどのバスに何処に座ったのか、しっかりと公表して、近くに居た方には検査を実施してもらいたい」など批判の声が殺到した。

f:id:imp0201:20200503204519j:plain

 また、男性の家族が家には立ち入らせず、男性が敷地内にテントを張って過ごさせたことにも反響の声が。「当たり前の行動なんだろうけど、今この当たり前の事を出来てない、やらない人も世の中には多いからこの家族の方はやはり凄いと思う」、「とりあえず毅然と対応したご家族が地域に住みづらくなることがなければいいな…ましてこのニュースを見た無関係の人間からの特定や誹謗中傷は絶対にダメだと思う」というコメントが見られた。