【スポンサーリンク】

安田純平氏がシリア拘束で身代金の支払いを否定 「メディアの取材不足」も指摘

 ジャーナリストの安田純平氏(45)が3日、ツイッターを更新した。安田氏は昨年10月にシリアで武装勢力に拘束されたが、3年4か月ぶりに解放されて帰国。救出劇には日本政府や関係諸国の協力があったとされるが、安田氏はこのような見方を否定した。

 

 「香田さん、後藤さん、湯川さんを救出しなくても内閣支持率が上がる国が、支持されてきた方針を変えて救出?救出したならなぜ3年4カ月もかかった? 交渉に必須の生存証明をなぜ一度も取らなかった? 事実に基づいた分析も検証も何一つされていない。救出したことを示す事実も一切出てきていない」と反論のツイート。「人質案件は自然現象ではないので、拘束者が帰そうと思えば帰すし、殺そうと思えば殺す。その決定は組織によっても違う。『身代金なしで解放されるわけがない』というのはただの思いこみでしかないのに、思い込みのままNGOのデマだらけの話をそのまま報道してしまった」と身代金が支払われたとされる報道を強く否定した。さらに、「思い込みで書いてしまったらそれは報道ではないわけで、その後の検証や分析を期待しているのですが、今のところ見当たりません。ネタ元にしたNGOが『ISから解放された』と私が会見で言ったというネットのデマ記事をコピペしてはっているのですが、それはなぜ報道しなかったんでしょうか。」とメディアの取材不足を指摘した。 

f:id:imp0201:20190430203836j:plain


 安田氏の主張にネット上では批判的な声が多い。「ジャーナリストと言われる方々の日常やどういう報酬で活動しているのか、私にはわかりませんが、海外の状態などを命を賭けて報道しようという心意気にはとても感心させられます。が、この方は偏った考え方の元政府批判をしたいが為に行動しているような感想を持ってしまいます」、「うーん、そんな文句めいたことばかり発信せずに拘束されていたことでわかった真実を伝えることに腐心して欲しい。逆にこのような批判は本当でもウソでも全てひっくるめて背負いながら一生ジャーナリズムの世界で生き続けるぐらいの覚悟を示してくれればもっと支持されるのに、と思うんだけど。今のままではただの文句たれだもんなぁ」と辛辣なコメントが書き込まれていた。