【スポンサーリンク】

安田純平氏「平成は戦争のない時代」に異論も ネット上では批判的な意見が殺到

 フリージャーナリストの安田純平氏(45)が平成最後の日となる30日に自身のツイッターを更新。「平成の時代には(日本が関わった)戦争がなかった」とする論調に対して異を唱えた。 

 

 安田氏は「平成は戦争のない時代だったと言うが、世紀の大失策であるイラク戦争に日本は明らかに参戦している」とツイッターで反論。さらに、「後方支援だから戦争じゃない、というのは、自国の兵士に兵糧すら与えずに餓死させたという伝統を重んじてそう言っているということでしょうか」と書き込んだ。太平洋戦争中に、日本軍が戦地で多くの餓死者を出した過去を踏まえて持論を展開した。

 

 この主張に、ネット上では批判的な声が多い。安田氏はシリアで15年に武装勢力に拘束されたが、昨年10月にトルコで保護されて3年4カ月ぶりに帰国した経緯がある。「そういう屁理屈を言い出すとキリがない。本当に可哀想な人だと思います。また、この人の為に多額の税金が使われたかと思うと腹ただしい」、どうしてあなたがそのような事が言えるのか。今、生きていられのはどうしてですか?総理大臣のお陰とは言いませんが、誰かが水面下で交渉した結果ではないですか?かなりのお金が動いていませんか?天皇陛下の式典のタイミングでのコメントは控えて頂きたい」。 

f:id:imp0201:20190430203836j:plain

 

 一方で、安田氏を擁護する意見も。「命をかけて取材した人だけが言える言葉だと思うしいろいろな批難を覚悟で発言する安田さんは凄いし素晴らしいと感じる。これからも発信して欲しい。集団的自衛権の安全保障関連法が成立している現在。戦争は他人事ではなくなった事は確かだから」という指摘もあった。