【スポンサーリンク】

意外な名前が…中国で木村拓哉をしのぐ人気の日本人俳優とは

 TBS系ドラマ「グランメゾン東京」に主演の木村拓哉(47)は日本だけでなく中国でも絶大な人気を誇る。その木村より、「中国でもっとも有名な日本人俳優」として知られているのが矢野浩二(49)だ。00年に中国の恋愛ドラマ「永遠の恋人」の主役に抜擢されて以降、中国に拠点を移して活動。ドラマ、映画だけでなく、国民的バラエティー番組で司会を務めるなど幅広いジャンルで活躍。13年にはニューヨーク・タイムズとCNNに「中国で最も有名な日本人俳優」と紹介された。16年に日本で活動再開すると、ドラマ「ゴールドウーマン」「瀬戸内少年野球団」などに出演。人気ドラマ「相棒」「ドクターX」にもゲスト出演するなど、玄人好みの演技で支持の声を集めている。

 

 矢野の歩んだ道のりは決して順風満帆ではない。大阪府立池島高等学校(現大阪府立みどり清朋高等学校)を卒業後、大阪でバーテンダーとして働いていた後に上京。俳優養成所を経て、森田健作(現千葉県知事)の運転手兼付き人を8年間務めた。映画やテレビドラマにエキストラ役で出演後、中国ドラマ「永遠の恋人」の話が舞い込む。5人の主役のうち、ただ一人の日本人俳優だった。このドラマ撮影の翌年から活動拠点を中国に。明治天皇や日本人の軍人役として有名で、06年以降はバラエティー番組の司会などでも才能を発揮した。在中国10年目の11年には人民日報(国際版・環球時報)主催の「2010 Awards of the year」で「最優秀外国人俳優賞」を日本人で初受賞した。

f:id:imp0201:20191223100101j:plain

 16年以降は日本を拠点に活動しているが、中国で矢野の名前は全土に知れ渡っている。17年8月に中国版ツイッター・新浪微博で 「5秒以内にパッと思いつく日本人の名前は?」 と題した投稿があり、8万6000件を超える書き込みが集まる中で矢野に最多の投票が集まった。日本では失礼ながら国民的人気を集めているわけではないので、この投票結果には驚きの声が多かった。中国で活躍後、日本に「逆輸入」でブレークした矢野の今後の活動に注目が集まりそうだ。