【スポンサーリンク】

なぜ?コロナ自粛期間中にパチンコ店出没した「ある俳優」に擁護の声が

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、政府が国民に不要不急の外出を控える“緊急事態宣言”を出していた最中の5月中旬に、俳優の山本裕典が都内のパチンコ店でスロットを楽しむ姿がウェブメディア「週刊女性PRIME」で報じられて大きな反響を呼んでいる。

 

 山本は17年に当時所属していた事務所と業務委託契約の内容に違反したことを理由に契約解除されたが、昨年から2度目の芸能活動をスタート。今夏にTOKYO MXで放送されるドラマ「彼が僕に恋した理由」で寺西優馬とダブル主演を務めることが決まっている。山本が連続ドラマで主演を務めるのは7年ぶりとなる。

f:id:imp0201:20200529112923j:plain

 ネット上では「記者は何でここにいるのって話。パチンコだけ過剰に叩いている中でこういう報道は疑問に思う。それならホームセンターやスーパーだって3密のわけだから」、「かばうわけではないけどこれはどうなのかなあ。なんで記者がいたのって言う思いの方が強い。これだけ切り取ると彼がちょっとかわいそうかな」など山本を擁護するコメントが。一方で、「論点ずらしは良くない。自粛中にパチンコする神経が分からない。しかもドラマの主演決まっているんでしょ?行動が軽率すぎる」、「なんか手越みたいだな。何も考えていないというか…こういう行動するから信用を失うんだよな」という批判的な意見も見られた。