【スポンサーリンク】

元DeNA・山本武白志がクリケット選手に 「豪州でプロ選手として活躍したい」  

 元DeNA・山本武白志(21)がクリケット選手に転身した。プロ野球選手からの転身は木村昇吾(元西武)以来2人目となる。今月上旬に実家の横浜市から栃木・佐野市に転居して本格始動。「佐野クリケットクラブ」に所属し、19日に佐野国際クリケット場で行われたメンインブルー戦ではクリケット選手として初めて打席に立った。クリケットはアウトにならない限り、1打席でワンバウンドの投球を何球も打ち続けられる。4球目にライナー性の打球を相手守備に好捕されて1得点に終わったが、守備では3つのフライを素手で好捕。「(打席で)凄く球が見えたので手応えを感じています。野球とクリケットは全く別物。簡単にできないだろうと思っていたし、上達していくのが面白い」と笑顔だった。

f:id:imp0201:20190523184436j:plain

  野球では恵まれた体格から繰り出されるパワーが持ち味だったが、クリケットではイメージが違うようだ。指導する元日本代表の上原良崇さんは「一言で言えば天才ですね。こんな選手がいるのかと。物凄く器用なんです。教えられた打ち方をすぐ実践できるのでどんどんうまくなると思います。まだ若いし将来が楽しみですね」と絶賛する。

 

 サイドを刈り上げた金髪、両耳にピアスを開けてひげをたくわえた派手な風貌は数ヶ月前から一変したが、口下手で一途な性格は変わらない。「海外が好きで前々からこういう格好をしたいなと思っていたので…それ以上の思いはありませんよ」と照れ笑いを浮かべながら続けた。「野球には感謝していますが、プロ野球選手だったとかそういうプライドはないです。もう終わったことですから」。

 

 九国大付属で甲子園に2度出場。3年夏に2回戦・大阪偕星戦で2打席連続アーチを放つなどスラッガーとして輝きを放った。高校通算24本塁打の実績をひっさげ、15年育成ドラフト2巡目でDeNAに入団。「プロしか頭になかったです。大学や社会人という選択肢はなかった。(肝臓がんで)闘病中だった父親が長くないと思っていたし、プロ野球で活躍する姿を1日でも早く見せたいと思いました」。父は巨人・ロッテで巧打者として活躍し、16年4月に逝去した山本功児氏。99~03年にはロッテの監督を務めた。「僕が小さな時ですが、ロッテが勝てなくて父親がヤジられている姿を見ていた。『ちくしょう、オレが力をつけてロッテを勝たせてやる』って思っていました」と振り返る。

 

 ただ、プロでの3年間は厳しい現実が待ち受けていた。イースタンで1年目が打率・143、0本塁打。2年目は打率・054、0本塁打、3年目の昨季は打率・213、1本塁打。支配下昇格は叶わず、オフに戦力外通告を受ける。「覚悟はしていました。単純に力不足。育成契約でも入団後に1軍で活躍した選手はいるので言い訳になりません。野球をやり切ったという思いはないですが、戦力外と言われた時にまだ野球をやりたいという気持ちは全くわいてこなかった」。

 

 国内独立リーグの球団から興味があるという話も耳にしたが、野球に未練はなかった。山本はもう一つの夢があった。中学の時に日米野球で米国・ロサンゼルスを訪れた際に魅了された。日本とは違い、時間がゆっくり流れている感覚で行き交う人が笑顔を浮かべる。物質的豊かさは日本でも感じていたが、自由でおおらかな街の雰囲気が鮮明に記憶に残った。野球に区切りをつけて海外で働くことや留学を考えていた時に、知人から教えてもらったのがクリケットだった。

 

 競技自体は知っていたが、ルールなど詳しいことはわからない。ところが、YouTubeで海外のプロ選手の動画を見て興味がわいた。クリケットの道具一式を買って、知人の友人宅を訪れた豪州・メルボルンで初めて体験したが思うように打てない。「野球と似ているように見えて全然違う。そこが面白かったんです。このスポーツで絶対に成功したい」とセカンドキャリアの道を決断した。  

 

 帰国後に日本クリケット協会にメールで連絡。「豪州でプロを目指します」、「クリケットでとにかく成功したいので佐野でクリケットについてよく学び良い選手になりたいです」と綴った。行動に移さなければ夢はかなわない。豪州でプレーすることを目標に、野球を辞めてから英会話を学ぶ日々。トレーニングも年明けから再開し、体重はクリケット仕様で91キロと野球の現役時代から10キロ落とした。5月からは佐野で人生初の1人暮らし。JR佐野駅近くの人気ラーメン店「日光軒」でアルバイトしながら、平日は練習、休日は試合とクリケットに打ち込む生活を送る。

f:id:imp0201:20190523184611j:plain

  21歳とまだ若いが、野球人生で栄光、挫折、喜び、悲しみを味わった。表情はあどけないが、大学4年の同世代より大人びて見えるのは濃密な人生を送っているからかもしれない。「山本武白志ってそういえばプロ野球選手だったんだなと思われるぐらいの選手になりたい。目標は豪州でプロ選手として活躍することです」。純粋でまっすぐな志を胸に秘め、クリケットに挑戦する。