【スポンサーリンク】

女性タレントがSNSで投稿した写真に、「子供がかわいそう」と批判の声が

 タレントの矢口真里が12日に更新したInstagramの内容が大きな反響を呼んでいる。

 

 矢口は自身のInstagramで、「美容院行けないから髪の毛伸び伸びのバッサバサ」「まっでも、 息子も後ろ髪バサバサだからお揃いだしいっか w」とコメント。「しっかし、 Ulikeのカメラアプリ盛れるょ」「鏡見るよりテンション上がる w」と綴り、矢口が目を閉じた息子を抱いた写真を公開した。

 

 昨年8月に誕生した男児は、写真で顔にモザイクをかけることなく寝顔がはっきりと映っている。ネット上では、「矢口さん、自分がしてきたことを忘れないでください。子供がかわいそう。大きくなって物心がついた時に色々なことに気づくでしょう。その時に幼少の時の写真を世間にさらされた時にどんな気持ちになるか考えたことある?あなたが良ければいいという問題ではない。子供のためにも顔を隠してあげてください」、「人生切り替えて生きるのは勝手だけど、色んな人に迷惑をかけたことは忘れないで。子供の顔を晒す神経が理解できない」など批判の声が殺到した。

f:id:imp0201:20200321081432j:plain

 一方で、「皆さんコメしている人、私達に矢口さん関係ある?ないのにどうして自分の人生に取り込んで、乗っかって文句言っているのかしら?言霊ってあるから嫌な人のは見なければ良いし、参加しなければ良い。子供は普通に可愛い誰の子でも、何人でも可愛いと思います。それだけで良いんじゃないですか?」と矢口を擁護する意見も見られた。