【スポンサーリンク】

矢口真里が男児出産報告 ヤフコメ欄に批判殺到の中、「矢口擁護」の声も

 元モーニング娘。でタレントの矢口真里(36)が11日、第1子の男児を9日に出産したことを自身のインスタグラムで報告した。

 矢口は男児の写真を添え、「令和元年8月9日 第一子となる元気な男の子を無事出産いたしました。私の産後の回復が遅くて少し遅れた報告になってしまいましたが、母子共に健康です!」と報告。そして、「妊娠中からずっと応援してくださった皆様本当に励みになりました!! 心から感謝の気持ちでいっぱいです。とにかく可愛くて愛しい小さな命。こんな幸せな感情は初めてです。全力で守り大切に育てていきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願い致します」と綴った。

 矢口は昨年3月に元モデルの男性と約4年の交際を経て再婚。今年4月2日に妊娠していることを明かした。ただ、第一子の男児出産報告にネット上で祝福のコメントは少ない。11年に俳優の中村昌也(32)と結婚したが、13年5月に今回の結婚相手の男性との不倫が発覚して離婚した過去が影響しているのだろう。男児出産の発表にもヤフーのコメント欄は祝福のコメントが少なく、「不倫のやり方がインパクトがありすぎて、応援はできない」、「ひっそりと再婚してひっそりと出産すれば良かったのに。子供に罪はないけど、矢口の事を祝福する気にはなれないし、元旦那の中村さん元気ですか?としか思わない。旦那の留守中に、旦那と暮らしてる家に男を連れ込むとかあり得ない」と批判的な書き込みが圧倒的に多い。

f:id:imp0201:20190619181053j:plain

 一方でこのような批判コメントに対して、矢口を擁護する意見も見られる。「子供が無事産まれた報告に対し、叩いている人たちは聖人君子なのだろうか。やましい事は一つもないのかな嫌いならスルーすればいいのに。色んなことがあったとしても幸せな報告なんだからおめでとうでいいのじゃないかと思う。Yahoo!も叩かせるためにコメント欄を設けてるのかと最近思うことがある」、「おめでとうございます。色々あったが、それでもここまで頑張った事は、評価されてもいいと思う。(不倫がいいと言う意味合いではなく)強くたくましく、立派なお子さんに育てて下さい」など激励のメッセージが。産まれてくる子供に罪はない。無事に生まれることを祈るばかりだ。