【スポンサーリンク】

WTO事務局長選 韓国女性候補が日本に呼びかけた「ある発言」に反発の声が

 共同通信は24日、世界貿易機関(WTO)次期事務局長選に立候補した韓国産業通商資源省の兪明希・通商交渉本部長(53)が書面インタビューに応じたことを報じた。兪通商交渉本部長は日本について、「自由貿易と多角的体制の必要性について(韓国と)同じ立場をとっている」と支持を求め、半導体材料の輸出規制強化をめぐる日韓の通商対立は「(事務局長選とは)無関係なもの」と影響を否定したという。

 

 WTOの事務局長選は8候補で争われている。女性は兪氏とナイジェリア、ケニア出身の3人。日本はナイジェリアとケニアの女性候補のどちらかを支持する方向で調整している。

 

 兪通商交渉本部長の一連の発言に、ネット上では「立場は同じでも、解釈が全く異なる以上、支持できようはずもない。つい最近もバルブの件で解釈の違いについての隔たりが話題になったばかりですよ」、「貴女は日本に投票呼び掛けるなら親日なんですか?なら解るが今までの発言は反日でしかないですよね。あり得ない、わざわざ自分に損になる人に選挙で入れる人などいるわけない、理解に苦しむご都合主義者としかみえないし、信用できないと自分で暴露しているのと同じです」など反発の声が。

f:id:imp0201:20200728113111j:plain

 また、「逆にもし日本から立候補者が出ていた場合、韓国は絶対に支持などしないでしょ?支持を期待するのは勝手だけど、現実はそう甘くはない。当選したら当選したで日本叩きに必至。落選したら落選したで日本のせい。どっちに転んでも反日に変わりはないのだから、今更支援などする必要はないと思います」という意見も見られた。