【スポンサーリンク】

新型コロナ 鹿児島で初感染者の「ある行動」に疑問の声が

 鹿児島県が26日に記者会見を開き、イギリス在住で今月23日に鹿児島に到着した40代の会社役員の女性が新型コロナウイルスの感染が確認されたことを発表した。県内での感染確認は初めて。

 

 県によると、女性は今月23日に航空便で東京から鹿児島に到着。同日夜、友人宅で夕食後に発熱した。咳の症状があったことから医療機関を受診し、きょう26日に県内の感染症指定医療機関に入院。検査の結果、新型コロナウイルスに感染していることが判明した。女性は26日朝時点で体温は37.2度。咳や倦怠感などの症状はないという。

 

 ネット上では、「イギリス在住の40代の女性。鹿児島へ帰省してコロナを発症とか…。フランス経由で成田から羽田空港、そして鹿児島空港。随分ウイルスを拡散したように見受けられます。なんでこんな時期に帰省!?と言うのがありますね」、「イギリスから帰国した人で、友人達と夕食された様ですが、無用心だと思います。外国から帰国した人は2週間程自宅待機しないのでしょうか?何だかそういう所をきびしくして欲しいです」、「これだけ世界的ニュースになっているのになぜイギリスから帰って来たんだろう。しかも40代の会社役員。自分だけは大丈夫って考えが招いた結果。もっと危機感を持って行動して欲しいです」など女性の行動に疑問の声が目立つ。

f:id:imp0201:20200123110558j:plain

 また、「鹿児島の住人です!駅に隣接している新幹線が停まる商業施設をよく見ていると、出ない訳がない、いない訳がないと思っていました。全員ではないと思いますが自宅待機せず学生がマスクもせずウロチョロとエスカレーターの手すりを触っているのを見ると危機感ないなぁって思っていました。残念ですがこらからどんどん出てくるでしょうね」、「県民は、皆そう思って対策してきました。クルーズ船が来たのに、出ないはずがない。隠れコロナがたくさんいる気がしてなりません」と地元から不安の声も少なくなかった。