【スポンサーリンク】

焼肉屋の女性店員が感染 「ある来店客」に怒りの声が殺到

 富山市教育委員会は5日、新型コロナウイルスに感染した20代の女性店員が勤務していた同市二口町の「焼肉きんぐ二口店」に市立南部中学校の生徒計30数人が利用していたとことが判明し、6~8日の3日間、同校を臨時休校にすると発表した。

 

 メディア報道によると、県内1例目の京都産業大学の卒業生ら感染者3人が3月24日に同店で食事をしており、女性店員も同じ日に勤務。市教委によると、この日と翌25日に同校の生徒たちが来店したという。保護者に不安の声があるため、生徒が利用した最後の日の翌26日から2週間が経過する日まで同校を臨時休校にすることを決めた。 

f:id:imp0201:20200406151346j:plain

 ネット上では、「中学生30人以上が来店ってどういうこと?それだけの人数が集まる行為について、保護者は何も知らなかった、引き止めなかったくせに不安の声だけ上げているの?客への感染だけでなく、店員への感染の可能性も考えろよ」、「親は何考えているの?中学生なら子供が勝手に30人も集まって焼肉屋に行っていました!なんて考えられないよ。誰一人親に言わずに行ったの?違うでしょ?もう信じられないの一言だよ。情けないですね。本人達の感染有無関係なく、せめて他人に感染させるリスクを無くすために外へ一歩も出させないようにお願いします」など怒りの声が。「休校!休校しろ!何考えているんだ!って思考停止で訴えている人。この記事を読んでどう思うか、こうなることをどう防ぐか考えを聞かせて欲しい。家庭で、学校で言い聞かせてこの行動かもしれない」という意見も見られた。