【スポンサーリンク】

女性3人が同級生の性的動画を拡散 名古屋地裁が命じた賠償額に驚きの声が

 自身の性的な動画を拡散され、精神的な苦痛を受けたとして、愛知県内の高校に通っていた女性と母親が、同じ高校の生徒だった女性3人とその保護者5人に計627万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、名古屋地裁であった。鈴木尚久裁判長は元生徒3人らに計27万5000円の支払いを命じた。

 

 判決によると、女性は中学生だった16年3月、元交際相手の男性に性的な動画を撮影され、高校生になった同年5月までにその動画を拡散された。元生徒3人は元交際相手の知人で、受け取った動画を別の知人に送信。児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で書類送検されている。原告側は動画の送信はプライバシー権の侵害にあたると主張していた。

 

 鈴木裁判長は、「動画を送信したことは女性のプライバシー権の侵害にあたる」と認定。こ保護者の1人は動画を受け取ったことを打ち明けられており、データ消去の責任があると判断した。 

f:id:imp0201:20200326163507j:plain

 この判決にネット上では、「「慰謝料のケタが2つぐらい足らんだろ。LINEで拡散されたもんならダメージは限定的かもしれんが、基本的にネット上にアップされたものは、半永久的に回収・削除できないもの、取り返しのつかないものだ。それらを考慮すれば、慰謝料は最低でも数千万が妥当」、「酷い話だよ。酷い話は沢山あるけどこの子可哀想過ぎるよ。他人が、たかが同級生になんの権利があってここまで傷付けるのよ。それが27万5000円って…。なにそれ。心殺されているレベルの話なんだからね。可哀想。本当に可哀想。目眩するよ。本人も家族も」など名古屋地裁が命じた賠償額に批判の声が殺到した。