【スポンサーリンク】

元同僚の男が殺害して自殺か 死亡した女性パティシエの「顔写真」に反響が

 30日午前10時頃、東京都中野区のマンション2階の一室で、洋菓子店員、野口麻美さん(38)が血を流して倒れているのを訪ねてきた弟が発見し、110番した。警視庁野方署員が駆けつけたが、野口さんは頭や背中に複数の刺し傷があり死亡していた。

 

 各メディア報道によると、現場から約2キロ離れた中野区のマンション敷地では午前7時頃、野口さんの元交際相手で別の洋菓子店店主の男(34)が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁は現場の状況から、7階付近から飛び降り自殺をしたとみている。野口さん宅近くの防犯カメラには、この男と似た人物がマンションに入り、約30分後の午前4時過ぎに出てくる姿が映っていた。男が使ったレンタカーから刃物が見つかっており、野口さんを殺害した疑いがあるとみている。

 

 野口さんは男と洋菓子店の元同僚で、2016年頃から交際していたが、昨年5月、男がDVをふるっていたことを野方署に相談していた。7月に同署は男に対し、再び暴力をふるえば逮捕すると口頭で警告し、8月に傷害容疑で東京地検に書類送検。男はその後、罰金20万円の略式命令を受けた。しかし、同11月にも、男は野口さんが働く渋谷区の店に現れたため、野方署は、つきまとわないよう2度目の警告を行っていた。その後、同署は野口さんの様子を定期的に確認していたが、男の接触などはなく、今年4月下旬、野口さんからの申し出で対応を終了したという。

 

 ネット上では、「刺し殺される、、って福岡でも近頃あったけど、どれだけ恐ろしいか、痛いか、苦しいか、切ないか、被害者の最後の気持ちを思うと、やりきれないし、犯人が許せないよね。同じ人間として、何でこんなことがと本当に思う」、「最近この手の事件多く有りませんか、女性を殺害し、加害者が自殺、愛情なのか恨みなのか分かりませんが残された家族はさぞや恨むでしょうも、後始末も誰がするんですか、無責任で身勝手な行い極まりない」など怒りの声が。

f:id:imp0201:20200812171008j:plain

 また、「女性の写真をインスタグラムで見たけど目鼻立ちがくっきりした美人さん。人気店のパティシエで充実した人生を送っていたように傍目からは見えたけど、この男の影に怯えていたのかもしれない。こんな残酷な形で亡くなって言葉が出ない」、「女性の方、美人だよね。同性から見ても魅力的な雰囲気がする。何度も付きまとわれて殺害されて…。男は自殺して自己完結しているかもしれないけど身勝手すぎる」などのコメントも見られた。