【スポンサーリンク】

82歳女性がバスを一緒に降りた女に刺され死亡 警察の「ある発表」に疑問の声が

 10日午後3時半頃、東京都青梅市長淵の路上で、近くの無職久保イツ子さん(82)が女に刃物で首などを複数回刺され、搬送先の病院で死亡した。警視庁青梅署は、現場近くで身柄を確保した同市の40歳代の女を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。容疑を殺人に切り替えて調べている。

 

 複数のメディア報道によると、久保さんは路線バスから降りた際、同じバスから降りてきた女に襲われた。警察の取り調べに調べに対して女は容疑を認めているが、言動などに不審な点があり、今後、責任能力を調べるという。

 

 ネット上では、「殺意がなければ包丁なんか所持していないだろ? バスの乗り方だって知ってるし、殺し方だってわかっている 十分過ぎるほど責任能力はあると思います」、「責任能力ってなんなのか。バスを降りてから刺すというタイミングまで自分で選んでいる。人を殺める能力と、それを実行する能力があったのなら十分に罰を受ける責任があると思う」などこの事件に大きな反響が。

f:id:imp0201:20200518202553j:plain

f:id:imp0201:20200518202553j:plain

 また、「責任能力問えないから匿名報道というのをいい加減やめてほしい。加害者の人権は守られなければいけないのが前提にあるんだろうけど、殺人を犯して名前を伏せたら再犯防止の抑止力にならない」、「警察はなぜ実名で発表しないのか。精神疾患の可能性がある加害者の人権を尊重しているのだろうが、そんな危ない人間を野放しにした親にも責任はある。実名で報じて社会的制裁を受けるべき。法改正で対応してほしい」など容疑者が匿名で発表されたことに疑問を呈する意見も多かった。