【スポンサーリンク】

成田空港の検査でコロナ陽性確認 10代女性の「ある行動」に驚きの声が

 沖縄県は21日、県内在住の学生の10代女性が成田空港で新型コロナウイルスの検査を受け、陽性が確認されたと厚生労働省から連絡があったことを明らかにした。

 

 県によると、女性は家族ら5人がスペインからの旅行を終えて20日午前10時に成田空港で帰国。検査結果が出るまで空港内での待機要請があったが、結果を待たずに、羽田空港と那覇空港を経由し、同日中に県内の自宅に帰宅した。21日午前11時に検疫所で陽性反応が出たと県に連絡があったという。女性は今後、指定医療機関に入院予定。女性以外の4人は陰性だった。

 

 ネット上では、「検査結果が出るまで成田で待機じゃないことに衝撃を受けた。検疫の意味がないな」、「成田空港でPCR検査はしたけど沖縄行きの飛行機で帰れちゃったんだよね?空港で検査して結果がでるまでに飛行機にも電車にも乗れちゃうのだから、いつ感染拡大してもおかしくないね」、「なんの為のPCR検査なのだろ。結果が出ないうちに野放しとは。蒲郡のオッサン並みに罪深い厚労省。クルーズ船の対応見ていたら納得か」などのコメントが。

f:id:imp0201:20200321170037j:plain

 また、「こういう時に旅行に行ける神経がすごい。あげく指示も守らず帰宅するとかなんでそんなことできるのですかね。自分さえ良ければいい人なのでしょうね」、「待機要請があったのに検査の結果を待たず成田から沖縄の自宅に帰宅…これは何か罰則があった方が、と思うのですが」と新型コロナウイルスの感染が確認された10代女性や家族に対して批判的な声が多かった。