【スポンサーリンク】

山林白骨遺体 女性が生前に家族へ送った謎のメールとは

 鹿児島市吉野町の山中で8月に一部白骨化した遺体が見つかり、死体遺棄容疑で捜査していた鹿児島県警は25日、06年から行方不明だった当時17歳の野添希望さんと判明したと発表した事件で、野添さんが生前に家族に送った「メール」が反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、行方不明となった当時、野添さんは同県志布志市に住んでおり、県立高校3年生だった。06年4月、夜に家から出て行く物音を家族が聞いたのを最後に行方不明に。家族は、犯罪に巻き込まれた可能性がある「特異家出人」として県警に届け出て受理された。遺体は8月13日午後に発見され、DNA型鑑定や歯の治療痕から野添さんと特定された。死因は不明。遺体は何者かに埋められたとみられ、県警は殺人容疑も視野に捜査を進めている。

f:id:imp0201:20190920165024j:plain

 司法解剖の結果、死後数か月から1年程度であると報道されたことから、野添さんは13年間生きていた可能性が高いとされている。この「空白の13年間」で失踪後、しばらくしてから野添さんの携帯電話から家族に「元気でいる」という趣旨のメールが複数回届いていたということが、ネット上で反響を呼んでいる。「元気でいる?というのは野添さんの意志で送ったのか、それとも一緒にいた人間の指令で送ったのか…このメールが謎に包まれている。警察は携帯の発信電波で場所を特定できなかったのかな」、「このメールが送られている時にどうにかできなかった思いがある。監禁か自分の意志で失踪したかはわからないけど、このまま犯人を逮捕せずに13年間の足取りがわからないのはあまりに気の毒」、「元気でいるってメールにどんなメッセージが込められていたのかな。本心なのか、助けてほしかったのか。少しでもその時に近付いていたらと悔やまれる」と書き込みが。遺体は何者が埋めたのか。野添さんは13年間どのような生活を送り、死に至ったのか。真相解明が求められる。