【スポンサーリンク】

同僚女性名指しで「地獄へ落ちろ」と投稿した女の「顔写真」に大きな反響が

 愛知県小牧市職員で市民窓口課の河内恵美容疑者(31)が市役所のホームページに、別の女性職員を名指しして「死ね。地獄へ落ちろ」などと脅す文言を投稿したとして、脅迫の疑いで逮捕された。

 

 メディア報道によると、河内容疑者は8月から9月にかけ小牧市役所のホームページの投稿欄に、別の課に所属する女性職員(29)を名指しし、「絶対に許さないからな。一生恨んでやる。」「マジで死ね。消えろ。地獄へ落ちろ。」などと書き込み、女性を脅迫したという。

 

 ネット上では「二人の間に、どの様なトラブルが有ったかは、分からないけど投稿内容は、誹謗中傷だけでなく殺意さえ感じる。匿名だからと言っても、言って(書いて)良い事と悪い事が有る。文句が有るのなら、相手を名指しでコソコソ投稿していないで直接本人に面と向かって言いなさいよ」、「こういう犯罪で逮捕した愛知県警は評価されるべき。メディアは容疑者の名前だけでなく顔写真もだしもいいぐらい」という書き込みがある。

f:id:imp0201:20200812171008j:plain

 一方で、「そういうことをする人の心理はよくわからないが、どちらかというと周りにばれないように相手だけを傷つけるように動く気がする。そうではなく、周りに影響を出すように書くことを見ると、味方がおらず、助けを求める形で書いていたのか?状況しだいにはなるでしょうが、相手から追い詰められていた可能性も考慮して調査してもらいたいと思ってしまった。いや、普通のいじめの延長かもしれないんだけどね。『お前はなんてことしてくれたんだ』で終わってほしくない。お互いの言い分はきちんと聞いてほしい」という意見もみられた。