【スポンサーリンク】

コンビニで16万円盗み包丁で店員切り付ける 逮捕の女の「職業」に大きな反響が

 愛知県春日井市のコンビニで10日未明、レジから売上金およそ16万円を奪って包丁で男性店員にケガをさせたとして、自称・春日井市の職業不詳・浅井優萌容疑者(31)が強盗致傷と銃刀法違反で現行犯逮捕された。

 

 メディア報道によると、浅井容疑者は10日午前2時半過ぎ、春日井市の「ファミリーマート春日井上条六丁目店」でレジから売上金約16万円を盗もうとしたところ、声を掛けられた男性店員(44)ともみ合いに。男性店員を包丁で切りつけて左腕を切る軽傷を負わせた。男性店員が女を取り押さえ、駆け付けた警察官に引き渡した。女は「お金を盗むため」と供述しているという。

f:id:imp0201:20200518183439j:plain

 ネット上では、「同情はしないが女で強盗って余程の事が有ったのかな?」、「女の単独犯の強盗って聞いたことない。理由を聞かなければ何とも言えないが、日本は貧富の差が激しくなっている。こういう事件はこれから増えるかも」などのコメントが。また、「職業不詳って言ってるけどホームレスってことじゃないの?生活苦になって自棄になったのかな」、「職業不詳って何だろう…でも定職にはついていなかったんだろうな。捕まるってわかるのになんでこんなことするんだろう。しかも強盗致傷。この罪は重いよ」など容疑者の職業にも疑問を呈する意見が見られた。