【スポンサーリンク】

警官2人が刃物で刺されてケガ 逮捕された女の「顔写真」に大きな反響が

 捜査のためアパートの一室を訪れた警察官2人を刃物で刺すなどしてケガをさせたとして、四日市市の無職・小崎睦実容疑者(35)が公務執行妨害と傷害の疑いで逮捕された。

 

 メディア報道によると、小崎容疑者は26日午後2時半ごろ、アパートの自分の部屋に訪ねてきた男性警察官2人の右腕を両手に持ったペティナイフとハサミで刺し、軽傷を負わせた疑い。小崎容疑者は「首や腕を刺そうとしたが、刺していない」と容疑を否認しているという。このアパートで工事のためのはしごを固定するためのロープが切られる被害があり、警察官2人が1部屋ずつ住民に事情を聴いて回っていた。小崎容疑者は部屋の玄関ドアを開けると突然襲ってきたという。

 

 ネット上では、「何このニュース…怖すぎる。一歩間違えたら死んでる。こういう人が普通に社会に紛れている…で、傷つけても鑑定で無罪になるんでしょ」、「刑事責任能力が問われる事案でしょう。仮に精神病者であれば、事件を起こす前に医療になぜ繋げられなかったのか。治療を受けていたとしたら、なぜこのような事態になったのか。結果として事件になったことを真剣に考えて欲しい。防げる事件は、できるだけ防いで欲しい」などの声が。

f:id:imp0201:20200812171008j:plain

 また、「こういう事件が起きると怖くて近隣住民の人は外を歩けないでしょう。名前だけでなく顔写真も出した方がいいと思う」、「これ、精神鑑定で罪に問えない可能性もあるよね。それなら顔写真出すべき。元の場所で生活するのか分からないけど再犯の可能性がるし、住民は容姿や名前を知る権利があるでしょう」という書き込みも見られた。