【スポンサーリンク】

「韓国人YouTuberに襲われた」…被害に遭った主婦に非難の声が

 総合週刊誌「スマートフラッシュ」が、関東近郊に住む40代の主婦・A子さんが韓国人の人気ユーチューバー「留学生じん」からわいせつ行為の被害に遭ったと告発していることを報じた。

 

 じんは日韓両国に多くの視聴者がいる人気YouTuber。妻や子供も動画内に登場するなど家族愛も強いだけに、今回の告発にショックを受けたファンが多いかもしれない。

 

 被害に遭った主婦の話によると、小学生の子供がじんの動画を見ていたのがきっかけで存在を知ってファンに。今年4月に開かれたファンと交流するオフ会に参加した際、帰りのタクシーで自宅の方向が一緒だったじんと隣の席に乗り合わせた。すると、「冷たいね」と声を掛けられ、手を握られたという。主婦が驚いたら、「スカートははかないの?」とズボンの上から太腿の内側をさわられ、「キミはタイプだ」と唇の横にキスされた。「違和感はありましたが、若い外国人男性は、こういうものなのかなと…」と感じたという。


 その日から連日、じんからLINEで「会いたい」というメッセージが送られてくるように。そして約1カ月後に再び事件が。じんから「奥さんにも言えない相談がある。韓国キムチもお土産に渡したい」という電話が来たため、待ち合わせ場所のカフェ駐車場へ。じんが運転する白いベンツの助手席に乗ると、手を握られた後にスカートの中に手を入れられて下着の上から下半身を触られたという。やめてほしいと伝えたが、「気持ちいいでしょ?」と言われたという。


 この件が起きた後はLINEだけでなく、インスタグラムでもメッセージをやり取りしていたが、じんから一方的にブロックされたという。主婦は7月に近くの警察に相談。強制わいせつ罪なども視野に入れて捜査を進めると伝えられた。

 日韓関係が悪化の一途をたどる中、じんは両国の友好の架け橋になっていただけに、今回の報道で「失望した」と批判の意見が多い。一方で、被害に遭った主婦の行動にも疑問の声が。ネット上では、「被害者を批判するつもりはないけど気になる点はありますね。外国の若い子はこんな感じなのかと、キスや太もものおさわりを許した点。スカート履かないのって事を言われながらそういう行為をされたのに、スカートを履いて行った点。 自分の身を守るって意味では配慮が足りなかったのかなと。ファンだから相手を信用するだろうけどそういうのが嫌なら線引きはしないと、向こうは自分のファンだから同意が当たり前って感覚があるのかもしれない」、「この女性の行動も軽率だと思う。 嫌なら2度と会わなければ済む話。ボディタッチされて不快な気持ちになったのに、なぜもう一度会おうと思ったのか?キムチなんてスーパーで買えばいい。被害に合われて嫌な気持ちや、辛い気持ちもわからなくはないし、この男のやった事は許せないと思うけど、自分から避ける事も十分出来た被害だと思う」と批判的な見方が目立った。

f:id:imp0201:20190912181041j:plain

 「どっちもどっちだね。同情できないし、男の方もダメでしょ。両方ともわきが甘すぎる」、「この韓国人は他のファンにももいろいろ手を出しているって話だし驚きはないかな。ユーチューバーとしての品格を疑うね。女性も最初に嫌な目に遭った時点で連絡を取らなければいいのに。何を考えているかわからない」と冷ややかな反応も少なくなかった。