【スポンサーリンク】

コロナ感染の富川アナ PCR検査を「すぐに受けられた」理由とは 

 報道番組「報道ステーション」でメインキャスターを務める富川悠太アナウンサーが新型コロナウイルスに感染していることが判明し、週明けの13日から出演を見合わせることを発表して大きな反響を呼んでいる。

 

 テレビ朝日の発表によると、富川アナは3~4日に発熱。すぐに熱は下がったが、7日にたんが絡むような症状が出た。最後に番組に出演した9日に息苦しさを感じて10日に入院し、11日にPCR検査で感染が確認された。富川アナは現在、発熱やせきの症状はなく、共演者やスタッフに体調不良を訴える者もいないという。

 

 ネット上では、「なぜPCRをスムーズに受けられたのか経緯を説明してほしい」、「みんあPCRを受けられないのになぜ?テレビ朝日は説明責任を果たしてほしい」などの書き込みが殺到している。

f:id:imp0201:20200412163906j:plain

 一方で、「医者です。肺炎の症状が出たらすぐに受けられますよ。命に別条がない場合と危険な場合で対応が違うのは当たり前です」、「医療従事者ですが、きちんと症状がある人《主訴だけではなくきちんと肺炎像とか、呼吸音が悪い、酸素飽和度が低い》には検査してます。あまりデマを拡散して欲しくないですし、検査してもらえないことを過熱報道してほしくない。検査してもらえないのではなく、する必要がないと診断したのです。そして、検査は感度もあるので確定検査ではないことを理解してください。こんなに若い人が呼吸症状でて肺炎像あれば検査しますよ。黒沢さんの検査の件《粘れば検査してもらえる》とは全く別物です」などの意見が。富川アナが「特別扱い」されてPCRを受けたと批判的な情報も流れている。事実無根であるならば誤解を解くためにも、テレビ朝日は視聴者に向けて今回の経緯を説明するべきだろう。