【スポンサーリンク】

対韓国である政策変更に批判殺到…「安倍政権」の交代求める声も 

 経済産業省は20日、韓国向けの輸出管理を強化した半導体材料3品目の一部を見直すことを発表した。基板に塗る感光剤の「レジスト」(感光材)について、個別許可から「特定包括許可」の対象に切り替える。今年7月以降、極端紫外線(EUV)向けの輸出が厳格化されていた。

 

 経産省は7月4日に安全保障上の観点から、軍事転用の恐れのあるレジストのほか、半導体の洗浄に使う「フッ化水素」、有機ELディスプレーに用いる「フッ化ポリイミド」の3品目について、韓国側の貿易管理体制の不備などを理由に輸出手続きを厳格化した。レジストなど韓国向けの輸出には個別許可申請を求め、民生用と確認できたものは輸出を許可していた。その後、日韓の特定の企業2社間が適切に輸出管理されていると判断。輸出する日本企業は事務手続きが緩和される。

f:id:imp0201:20191210112449j:plain

 経産省のこの判断に、批判的な見方が多い。Yahoo!ジャパンのコメント欄には、「7月の厳格化から半年足らずの緩和は早すぎる。下手に甘い対応をすれば、誤ったメッセージを送り、奴等を調子づかせるだけである」、「あ~あ、また折れちゃった。経産省に大きく失望。『ごねれば折れる日本』を再び証明してしまった罪は重い」、「結局、折れるんですね…今回は政府を支持していたんですが、結局今までと同じ…こんな弱腰外交、国民が支持できるわけないです。早く政権交代してほしい」など安倍政権への不信感の書き込みも。「液体フッ化水素以外は別に構わないということだな。私もそう思っていた」と理解を示す意見もあったが少数だった。