【スポンサーリンク】

車が畑に突っ込み男女2人が死亡 「奇妙な人間関係」に大きな反響が

 29日午前3時15分頃、岐阜県垂井町岩手の県道で乗用車がガードパイプを倒して近くの畑に横転。車外に投げ出された滋賀県彦根市大藪町、解体業小川太さん(46)と彦根市高宮町、会社員上田耀さん(18)が死亡した。同乗していた彦根市の女子高校生(18)が首の骨を折るなどの重傷、滋賀県愛荘町のアルバイト男性(18)も軽傷を負ったが、いずれも命に別条はないという。

 

 メディア報道によると、現場は緩やかな右カーブ。事故直前に現場から約1・5キロ離れた国道21号交差点で、この車に似た乗用車が逆走しているのをパトカーで巡回中の署員が目撃し、捜査していたという。

f:id:imp0201:20190923152632j:plain

 ネット上では、午前3時過ぎという時間帯に46歳の男性と10代の男女3人が共に車で移動するという奇妙な人間関係に反響が。「なんか不思議な人間関係。どういう目的で4人は車に乗っていたのだろう。なんか違和感を覚える」、「そんな時間に女子高生は何をしていたのか?事故よりもそっちが気になる」、「46歳と18歳なんて、どういう関係なんだろう?しかも夜中の3時すぎとか…。逆走とか言っていたし、飲酒?薬?時間が時間だから車も少なかったので、他の人が巻き添いにならなくてよかったです。ただ畑の持ち主が気の毒です」などの書き込みがみられた。