【スポンサーリンク】

コロナ感染知っていたのに山梨から東京へ 女性の「ある弁明」に怒りの声が

 山梨県は3日、新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について、PCR検査結果が出る前の1日夜に山梨から都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。女性が虚偽の説明を保健所にしていたことが判明し、批判の声が殺到している。

 

 県によると、女性は4月26日に味覚と嗅覚に異常を感じた。しかし、自宅待機することなく、28日まで都内の会社に出勤。翌29日に新宿発の高速バスに乗って富士急ハイランドバス停で下車し、親族の車で帰省した。30日には県内の友人宅で4人とバーベキューをした。帰省中に買い物にも出たという。30日に勤務先の同僚の新型コロナ感染が判明。女性は味覚と嗅覚の異常が続いていたため、今月1日に県内の帰国者・接触者相談センターに相談。PCR検査を受け、2日に陽性が判明した。

 

 県は当初、女性が高速バスで都内に戻ったのは1日と発表していたが、2日に県の記者会見を見ていた女性の知人から保健所に情報提供があり、虚偽報告が明らかに。県は「実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と説明した。また、女性の濃厚接触者としてPCR検査をした県内在住の20代男性が新たに陽性だったことも発表した。

 

 コロナに感染した女性の虚偽報告が判明し、ネット上では、「感染が判明してからの軽率な行動は、威力業務妨害で罪に問われるべき」、「あまりにも身勝手悪質。バス会社は業務妨害などで告発、乗員乗客は慰謝料を求め提訴、実名報道で社会制裁も受けるべき」、「さすがに「虚偽の報告」はまずいだろ。虚偽の報告ってことは、自分の行動が間違っているってことを自覚してたってことなんだから。これは何かしらの罰則が適応されていいんじゃない?」など刑事罰に問うべきという意見が目立つ。

f:id:imp0201:20200504071111j:plain

 また、毎日新聞の報道によると、1日に都内に帰宅したと虚偽報告したことについて、女性は「飼っている犬が心配だった」などと理由を明かしたという。この発言に対しても、「この女性の言動は、全く理解できない。全国で帰省自粛をしている中、大切な(?)犬を置いて帰省しておいて、『犬が心配』の意味が分からない。自宅待機の要請を無視してまで、犬の心配をするなら、最初から帰省せずに、自宅にいるべきだったのでは。帰省先の親類や友人を大切に思うなら、このような行動はしない」、「犬を置いて山梨に戻ったのに、意味が分からない。おそらく罪の意識もないでしょう。理解不能で頭にくる」など怒りを露わにするコメントが多かった。