【スポンサーリンク】

30代男性がスーパーで顔面殴られる 逮捕された男に「同情の声」が

 スーパーで30代の男性の顔を殴りケガをさせたとして、自称北海道札幌市豊平区に住む内装業の男(25)が傷害の疑いで逮捕された事件が大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、男は9月28日午後5時20分ごろ、札幌市豊平区のスーパーで30代の男性の顔面を殴りまぶたの上の切るケガを負わせた疑い。男は会計のためレジに並んでいたところ男性から「何見てんのよ」などと因縁をつけられ、殴られそうにったため避けたところ男性がはずみで転倒。男が男性の顔面を殴ったという。 

 

 ネット上では「結局、因縁つけられた側が逮捕されているのね。おかしくね?殴ったとはいっても、やってなければ、もっとひどい目にあっていた危険性があるわけだし。で、因縁つけた側がはお咎めなしなの?」、「因縁つけて先に殴りかかったのなら、そりゃやり返されてもしょうがないんじゃないの?逆に逮捕された方が被害者に思えるけどね」など逮捕された男に同情の声が。

f:id:imp0201:20200929171306j:plain
 また、「因縁つけるような輩が、やめろ!で止まるはずもなく重大な事件に発展する可能性も十分にあったはず。正当防衛は端的に言うと刃物で刺されて初めて成立するんだって。現状に合わない狂った法律が多いよね。正そうとする政治家やキャリアはいないのかね」という指摘も見られた。