【スポンサーリンク】

危険運転の白い車は試乗車 行方をくらます男の「真の目的」とは

 テレビ朝日系のANNニュースで12日に放送された茨城県の高速道路上のトラブルで、同じ車による「あおり運転」の被害が次々判明して大きな反響を呼んでいる。

 

 茨城県常磐自動車道で今月10日に起きたトラブルでは、ドイツ製の白いSUV車が被害者の車を追い抜き、衝突寸前のタイミングで再び割り込もうとしたり、蛇行するなどあおり運転を続けた。最終的に真ん中の車線で被害者の車が停車させられ、運転していた男が窓越しから顔面を計5発殴打した。

 

 このニュースが報道されると、「私も似たような車から被害を受けた」と新たな映像が静岡、愛知と2件も同局に寄せられた。映像を見ると、茨城県で起きたトラブルの時と同じ車種、同じ横浜ナンバーの車が危険運転を繰り返していた。


 愛知と静岡で起きたあおり運転は先月23日と同じ日の出来事で、静岡市清水インターチェンジ付近の一般道で午前3時ごろにあおり運転を行うと、午前6時半に東名高速岡崎東インターチェンジ付近でトラックに進路を妨害するなどの危険な運転を行っていた。茨城、静岡、愛知でこの白い車から危険運転の被害を受けた3人の運転手はそれぞれ警察に相談している。

 

 さらに、同局の報道によると、この車は神奈川県内にある自動車販売店の試乗車であることが判明した。ある男性に一定期間貸し出されていて今月12日に返却されたという。ネット上では、「運転手の男も同乗している女も頭がおかしい。早く逮捕して欲しい」、「あおりをするために、わざわざ試乗車を借りたのか?余りにも悪質だし、被害者は急発進して相手をひいても、正当防衛と思えるくらい酷いと思います」と怒りの書き込みが多い中で、危険運転の裏に隠された目的を推測する別の見方も。

f:id:imp0201:20190814175217j:plain

 「ここまでくると何か別の意図があって、わざとあおり運転をしているとしか思えない。どのケースも車載カメラがあることを意識してあえて目立つように運転し、1ケースに至っては傷害罪も適用されるような暴行を働いている。しかも同乗者の女が携帯で動画らしきものを撮っていたのも不可解。なぜかスマホでなくガラケーというのも年恰好から考えると不自然でもある。まさか車を煽ることでなく、日本の世論を煽るのが本当の目的ではなければいいのですが…」、「新手の荒稼ぎだと思う。ディーラーもグル。外車に追突させて、車の修理費と通院費を搾り取る。だから、ハザードをたきながらブレーキをかけて、激しく追突されない技術もある。あおりだけで、ここまで執拗にやらない。職業並みに必死にあおりをしている。これは、危険運転だけで調査してはダメだと思う。組織的な何かがある」などの書き込みも見られた。