【スポンサーリンク】

国民的俳優の突然の訃報…「信じられない」と驚きの声が殺到

 俳優の渡哲也さんが10日に肺炎で死去していたことが14日、分かった。78歳だった。入院先の東京都内の病院で親族に看取られて息を引き取ったという。近親者のみで14日に密葬が営まれた。

 

 渡さんは俳優の石原裕次郎さんが設立した石原プロに1971年に入社。同プロ制作の日本テレビ系「大都会」シリーズ、テレビ朝日系「西部警察」では角刈りサングラスの大門圭介部長刑事を演じ、国民的な人気俳優として人気を集めた。歌手としても、73年に「くちなしの花」が150万枚の大ヒットを記録。NHK紅白歌合戦に2度出場して同曲を歌った。 一方で、15年6月に心筋梗塞の手術を受けて以降は入退院を繰り返し、ここ数年は呼吸器疾患などで自宅療養を続けていた。今年6月に石原プロモーション創業者でもある俳優、石原裕次郎さんの生前の映像と共演した宝酒造CM「よろこびをお伝えして50年~幻の共演~」のナレーション録りを自宅で行ったのが最後の仕事だった。7月には渡さんが2代目社長を務め、現在相談役を務める石原プロが来年1月に解散することを発表していた。

 

 ネット上では、「先日、石原プロをたたむと言うニュースで舘ひろし氏のコメントを読んだばかりなので渡哲也氏の訃報に驚いています。俳優は役者なので役に左右されてしまいます。どの作品が良いと言うより渡哲也氏本人に男気がある方で過去に報じられた炊き出しや義援金を贈られたニュースを見て思います。まだまだ長く生きて活躍して頂きたかった方でした」、「まだ信じられない。体調不良はニュースで知っていたけど亡くなってしまうとは。小さなころからあこがれていた俳優さんでいつまでもその生き様がかっこよかった。心にぽっかりと穴があいた感じです」など突然の訃報を悼むコメントが殺到。

f:id:imp0201:20200812171008j:plain

 また、「来年の一月に石原軍団が解散するのにボスの石原裕次郎さんもいない、団長の渡哲也さんがいないのに解散と来てもピンとしないです。せめて解散するところまで持ちこたえてもらいたかったです。後半は数々の病気で大変だったと思いますが石原裕次郎さんの意思は十分伝わったでしょうし、その思いは舘さん、神田さんが引き継いでくれることでしょう。天国で久々に石原さんと会って豪快にお酒を飲んでもらいたいです」などの書き込みも見られた。