【スポンサーリンク】

自宅内に何度も…ストーカー被害明かした「女性タレント」に、大きな反響が

 5月7日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、お笑いタレントの渡辺直美がストーカー被害を受けていたことを明かし、大きな反響を呼んでいる。

 

 番組内で渡辺が振り返った恐怖体験によると、就寝中にインターホンが鳴り、モニターを見ると「茶髪の若めの男の子がずっと家のカメラに向かって首を揺らしていた」という。マンションの玄関に知らない男が立っていることに恐怖し、再び布団に戻ったが、今度は自分の部屋の玄関のチャイムが鳴り、先ほどの男性が立っていた。もちろん、自分がその男をマンションに入れたわけではない。男はドアノブを激しく動かし、独り言を言っている。渡辺がよく聞くと、「いつも開いてるのに」と言って去っていったという。

 

 その頃、渡辺は家の鍵をなくしており、新しい鍵が届くまで「1カ月かかる」と管理人から言われたため、鍵をかけずに過ごしていた。そのため、「その1カ月間、(ストーカーが)ずっと私の部屋に入って過ごしていた」と語った。当時、仕事終わりにシソンヌ・じろうにバイクで送ってもらい、家に大量のお菓子があったことから「持って行ってください」とじろうを部屋に案内しようとした。ところが普段なら開いているはずのドアに内鍵がかかっている。「明らかに人がいる」と恐れおののき、渡辺は近くの交番へ。警察に来てもらったときは、すでにストーカーは逃げた後だったという。渡辺は警察と共に部屋に入り警察に荒らされたかどうか聞かれたが、渡辺は「もともと汚いんです……」と答えるしかなかったと笑いを誘っていた。

 

 ネット上では、「最後はオチつけてるけど、これかなり怖いこと。今後もひとりで出入りするのは危険ですよ。何かが起きてからでは取り返しがつかない。徹底的に捜査してほしいけど、実際に身体に被害が及ばないと警察も動かないですから、御自身で身を守るしかないんだよね」、「芸人に限らず…タレントなら誰もが一度はこの手のストーカー事件に遭遇するというものです。今はSNS時代になってから、芸人やタレントが身近な存在になりましたからちょっとした書き込みだけで、即住居が割れてしまいます。必要以上の情報はSNSに書き込まない方が良いと思いますね」など大きな反響が。

f:id:imp0201:20200130165343j:plain

 一方で、「鍵を無くしても、不動産会社が合鍵を絶対持ってるはず。しかも合鍵に1ヶ月かかるなんて嘘、その間外出する際、鍵かけず?そんな人間いる?」と話の信ぴょう性に疑問を呈するコメントも見られた。