【スポンサーリンク】

人気YouTuberが交際女性を殴って逮捕 早期復帰望むファンの声に批判殺到

 人気ユーチューバー・ワタナベマホト(26)が都内の自宅で同居女性に暴行を加えたとして6月2日未明に警視庁三田警察署に傷害の疑いで逮捕されていたことが、「週刊文春デジタル」の取材で判明した。


 週刊文春デジタルによると、ワタナベは同居していた恋人の10代女性と別の女性関係をめぐり口論がエスカレートして逆上。女性を殴りつけ、顔を踏みつけるなど暴行を加えて全治2週間のケガを負わせたという。駆けつけた捜査員に現行犯逮捕された。

 

 ワタナベは19日に、YouTubeの動画を投稿。「現在、私に関係する様々な情報、噂が出回っていますが、この件に関しまして視聴者の皆様、関係者の皆様お騒がせしてしまい本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した上で、「6月頭にお酒に拠って口論となり相手にケガをさせてしまうというトラブルを起こして、動画投稿、SNSなど控えさせていただきました。すでに話し合いの末、和解となりました。皆様、ご心配、ご迷惑おかけして本当に申し訳ございません」と再び頭を下げた。

 

 今後についても言及し、「今回の件、改めて受け止めて自分自身を見つめ直すため、動画投稿などの活動をしばらくお休みさせて頂くことにしました」と活動停止の意向を示した上で、「最後に今回の件の責任はすべて私にあります。相手の方が非難されたり無関係の方が巻き込まれたりということが起きないよう願っております。皆様、ご批判は私に向けてください。どうかご理解いただけますようお願いします。今回は本当に申し訳ありませんでした」と謝罪を繰り返した。

f:id:imp0201:20190619234133j:plain

 ネット上では、ワタナベのツイッターに一部のファンが復帰を望む書き込みをしたことに批判が集まった。「必ず帰ってきてください。待っています」、「大ファンです。復活してください」というコメントに、「もはやファンじゃなくて信者だよ。違和感しかない。被害者のことを全く考えていない」、「被害者のことにまったく触れず、早期復帰を待ち望んでいるファンが多くてびっくりした。明らかに神経がおかしいでしょ」と批判の声が殺到した。女性に暴力をふるう傷害事件でYouTuberとしての活動は無期限停止になった。一部のファンが許しても、世間の目は厳しい。自身の過ちを猛省して、今後の生き方を見つめ直さなければいけないだろう。