【スポンサーリンク】

米国紙が文大統領のある発言を痛烈批判 「韓国国民も恥ずかしい」の声が

 米国のワシントン。ポストは18日、文在寅大統領が新年の辞の記者会見で2032年の五輪南北共同誘致を表明したことを「絵に書いた餅」と痛烈批判した

 

 同紙は、「これほど大規模のイベントを共同で準備するほど韓国と北朝鮮が何年も安定的な関係を維持し、世界のメディアが参加し、数百万人の観衆が自由に競技を楽しむことができるという考えは全くない。『絵に書いた餅』だとアナリストの多くが語っている」と言及。文大統領の対北朝鮮構想について、「空想家的な物から愚かな物までに分かれる」と酷評し、「北朝鮮は韓国と対話することを拒否し、軽蔑と侮辱に満ちた公式報道を通じてのみ意思疎通を行っている」と指摘した。

 

 同紙は北朝鮮の人権と安全の問題も指摘する。「2022年のサッカーワールドカップを誘致したカタールが建設現場の移住労働者を搾取しているとの批判を受けたが、北朝鮮の五輪競技場が強制労働で建設されるとすればどうか。大学生オットー・ワームビア氏がなぜ平壌訪問中にポスターを破った疑いで監獄に閉じ込められ、昏睡状態に陥り、米国に帰国した直後に死亡したのかを思い出せ」と訴えた。

f:id:imp0201:20191231105340j:plain

 韓国では20、30歳台の若年層を中心に支持を集めている文大統領だが、北朝鮮と五輪の共同開催誘致を表明した発言には疑問の声が多い。ネット上では、「北朝鮮と五輪開催など望んでいない。米国のメディアが報じるとおりであり韓国国民として恥ずかしい」、「北朝鮮と五輪を共同開催?現実的でないだろう。北朝鮮が敵意むき出しの現状でどうすれば実現できるのか」など批判的な書き込みが目立った。