【スポンサーリンク】

岡江久美子さんに続き…コロナで「ある俳優」が死去に、大きな衝撃が

 俳優で劇作家、演出家の和田周さんが23日、新型コロナウイルス感染が原因で亡くなった。和田さんが主宰する演劇組織「夜の樹」のフェイスブックで24日、発表された。

 

 「夜の樹よりご報告がございます。4月23日和田周、新型コロナウイルスが原因で他界いたしました。お通夜、告別式はございません。親族のみで荼毘(だび)に付されます。残念でなりません」と報告した。

 

 和田さんはNHK大河ドラマ「勝海舟」や、テレビドラマ「ナースのお仕事」「相棒」「トリック」に出演。映画では「武蔵野心中」「踊る大捜査線 THE MOVIE」などに出演した。和田さんのフェイスブックは3月29日の投稿が最後となり、読書について綴っている。コメント欄には「何だか世の中、冗談じゃなくなって来ましたね。柄にもなく映画も自粛してます」と不安な胸中を明かしていた。

 

 和田さんの訃報にネット上では、「又著名人が亡くなった、こんな感染病で。もっと公表してないだけで、コロナに感染している人がいるのではないかと思う。ニュースが出るたびに、悲しい」、「声優だった奥様も亡くなられたばかりなんですね。コロナ、本当に怖すぎます。ご冥福をお祈りします」など悲しみのコメントが。

f:id:imp0201:20200123110558j:plain

 また、「和田さんご冥福をお祈り致しますこの状況だと芸能関係者、局アナ、フリーアナ、マスコミ関係者、とにかくマスメディアに関わる人の3割は言い過ぎかも知れませんが、かなりの人が感染していると思っても良いと思います。我々視聴者はいま新しいプログラムを求めていません。収束後の経済回復と同じで収束後の楽しいプログラムが在れば良いのです。人や時間を割いて無理やりオンラインでの収録をせずに純粋な再放送だけを流して頂いて結構です。ニュース番組関係者もバラエティ班と持ち回りでも、専任にしてでも被害を最小限に抑えて放送して下さい。全ての番組表に再の字が付いていても構いません。スポンサー会社の皆様もテレビ局へのスポンサー料も据え置きでタレントさん達の生活と、今後の投資だと思って目を瞑って下さい。これ以上悲しい気持ちになりたくないです。お願いします」という訴えも見られた。