【スポンサーリンク】

東大名誉教授が安倍政権を「韓国敵視政策」と批判 ネット上で反発殺到

 韓国の大手紙・中央日報が、知韓派で知られる和田春樹東京大学名誉教授の講演を取り上げて大きな反響を呼んでいる。

 

 同紙によると、和田教授は26日にソウル中区銀行会館国際会議室で開かれた学術会議「韓日関係:反日と嫌韓を越えて」に基調講演者として参加。安倍晋三首相の外交戦略を「韓国を相手にしない」政策だとして、「この政策は平和国家である日本の終焉」と批判した。


 和田教授は講演の中で、18年に開催された韓国と北朝鮮の南北首脳会談と、その後に行われた米朝首脳会談に言及。「安倍首相に二重の衝撃を与えた」と指摘し、その理由を「文在寅大統領がドナルド・トランプ米大統領と金正恩北朝鮮国務委員長の会談を仲介した時、トランプ大統領は安倍首相と相談もせずに首脳会談を行うと即答したため」と指摘した。「この状況は北朝鮮拉致日本人問題で北朝鮮に圧力をかけてきた安倍首相の戦略と対立するものだった」とした上で、「北朝鮮が日本の拉致問題をめぐる交渉は受け入れず韓米と対話を続けたところ、安倍首相は外交的に前例なく窮地に追い込まれることになった」と説明。「そのため、最近、日本専門家と政府関係者の間では韓国を敵対視して韓国と関係を断つことを覚悟しようという声が出ている」と語ったという。

 

 ネット上では、和田教授の主張に対して反発の声が大部分を占めている。「まあ、日本には言論の自由があるので、この教授は話したいことを話せばいいけど、日本政府が韓国パッシングに舵を切ったのは、トランプ大統領が安倍首相に相談せず、金正恩と会談したのがショックだったためって…。全くトンチンカンだと思う。引き金は元徴用工への賠償判決に対しての韓国政府の姿勢だよね。それ以前のレーザー照射問題での嘘、慰安婦問題の蒸し返し等、韓国政府の不誠実な対応の積み重ねで、今の状況がある」、「貴方のような反体制、前時代の方が今の日本に必要とされていると思いますか?安倍さんを含め日本人は韓国を排除しているわけではありません。物事の良し悪しをハッキリしているだけです。そこの理解も出来ていない貴方には危険と不安しか感じません。頭は良いのに残念です」と批判や落胆の書き込みが目立つ。

f:id:imp0201:20190827104532j:plain

 一方で、「いろいろな意見があって良い。政府関係者は いろいろ角度で韓国を見て有識者の意見を聞きながら今後誠実な対応をして欲しい」という見方もあった。