【スポンサーリンク】

男子生徒が一方的に蹴られるイジメ動画で、YouTuberが学校名を公開して糾弾   

 人気YouTuber・よりひとが17日、タイトル「【学校の炎上】すべて名前を出します」と学校名を公開した上で、いじめや迷惑行為の動画を公開した。

 

 1つ目は大阪府内の高校で男子生徒が他の男子生徒に一方的に蹴るなどの暴行を加え、周囲も笑ってみている様子の動画。インスタグラムのストーリーに投稿された内容だった。主犯格の男子生徒と交際していた女子生徒が浮気をされたことで、この動画をよりひとに提供。いじめが発覚した。男子生徒が「やり方の仕方が違うねん。やり方汚い。ほんまに退学になったら親も巻き込むしえぐいお金かかってくるしほんまにしゃれならん」と女子生徒に送った抗議のメッセージも公開され、よりひとは「退学のことを考えているみたいだけど、この(いじめられた)人の方がよっぽど辛かったと思うけどね。けられたりしてさ。(いじめた男子生徒は)退学嫌だと言っているけど、まずはイジメられた子にまず謝れよ。自分のこと考えているんですけど、相手のことを考えた方がいいんじゃないですか」と憤っていた。

 

 また、埼玉県内の高校の1年生たちが集団で駅のホームに座り込み、線路に足を投げ出す迷惑行為の写真も公開。この写真がSNS上で批判のコメントで炎上すると、迷惑行為をした生徒たちの中で「誰がこの写真をよりひとに提供したのか」と犯人探しに。同校のある男子生徒が「(犯人って)おれのこといってんの?それだったらぶち殺すけどどうする?16で死ぬとかかわいそうだけどバイバイだな」とツイートしたことに、よりひとは「ネット上で殺害予告しているんでちゃんと対応してくださいね」と学校に訴えた。

f:id:imp0201:20190618003520j:plain

  最後はある企業の作業現場で2人の男性が高い場所から1人の男性を地面に突き落とす動画を公開。押された男性はバランスを崩して草むらに転倒した。「Tik Tok」にこの動画を投稿した男性は「イジメでもパワハラでもありません。本人同意で本人が体を張ってやってます。もう少し温かい目で見て笑ってあげてください」とコメントしているが、一歩間違えれば骨折など大けがの危険性もある。明らかにいじめと認識される行為で決して許されない。