【スポンサーリンク】

北海道で男が危険運転、バール手に威嚇も…被害者の運転に疑問の声が

 テレビ朝日系ANNニュースで、危険な運転の末に金属製の工具を持った男が被害者の男性の車に近付いて怒鳴ったり威嚇した瞬間を捉えたドライブレコーダーの映像が取り上げられて、大きな反響を呼んでいる。


 事件は6月に北海道の国道で起きた。同番組で放送された被害者の話によると、被害者の車が、クラクションを鳴らしながら空吹かしや蛇行運転する3台の車を追い抜いたことがきっかけだったという。その直後から危険な運転が始まった。3台の車に約18キロにわたって執拗に追い掛けられ、1台の車が強引に前に割り込んできた、信号が青になったにもかかわらず、車は前に進まないどころか後ろに下がってきたため、被害者が慌ててバックすると後ろに止まっていた車に衝突。すると、車から降りてきた白いTシャツの男が後部のトランクから金属製のバールを取り出し、被害者の車に近づくと怒鳴って威嚇。助手席から降りてきた女性は子どもを抱いて携帯電話で車を撮影し始めた。被害者の通報で駆け付けた警察は、バールを振りかざしながら脅した男を暴力行為等処罰法違反の疑いで現行犯逮捕され、20日に書類送検されたという。

f:id:imp0201:20190801172614j:plain

 被害者の車には被害者の妻、小さな子供も同乗していた。命を落とす恐怖心に襲われた状況に追い込んだ男の犯行は決して許されない。一方で、被害者の運転にも疑問の声が。「危険運転をして脅したことは許されないが、この被害者も3台を一気に抜いたようです。それも危険な追い抜きではないのか?その上、奥さんも『たのむから離れて!お願いだから』と被害者に懇願している。この被害者も熱くなって挑発するような、あおり運転に近い運転をしていたのではないと想像できるのだがどうだろう。もし、そうだとすると、子供を乗せた車でそんな運転するという点で問題があると思うのだが」、「ちょっと厳しい事を言わせて貰いますが、ヤンキーが走っていてもおかしくない深夜に、自車に妻と幼い子供を乗せながら前のVIP系3台を(結構なスピード出ている様にも見えますが…)追い越す…って。ましてクラクションや空吹かしをする様なVIP系の輩達なんですから、ちょっと脇に停車させて時間差を置いても良かったと思います」など被害者の非を指摘する書き込みがあった。