【スポンサーリンク】

高校生の娘を全身打撲の暴行 逮捕された男の「職業」に驚きの声が

 岐阜県各務原市の中学校に勤務する教頭の男(52)が、高校生の実の娘に暴行し、ケガをさせたとして傷害の疑いで逮捕された。

 

 メディア報道によると、男は18日夜から19日にかけ、自宅で高校1年生の実の娘を竹刀で殴るなどの暴行を加えるなど全身に打撲を負わせた疑い。娘が通う高校の教諭から、「父親から暴行を受けた」と通報があり、事件が発覚したという。

f:id:imp0201:20200911165019j:plain

 ネット上では「暴力でねじ伏せるのは、教育じゃないね。自分の思い通りにしたい。という自己中のやり方ですよね」、「娘に反抗されたとしても教員なら諭すくらい出来ないのかな…ましてや痕が残るくらいの暴力って度が過ぎてる…先生!竹刀は剣道という武道で使う道具でせっかんする為の同義じゃないですよ?」など怒りの声が。また、「娘の為を思って、涙ながらにしたのかもれないでしょ。暴力を否定する人の意見もわかりますが、ゲンコツぐらいは、必要な時がある。勿論、竹刀はやりすぎですね」というコメントも見られた。