【スポンサーリンク】

女性に性的暴行疑いで大学生逮捕 「衝撃の供述」に実名、顔写真の公表望む声が

 埼玉県所沢署は14日、川越市久保町、自称大学生の男(21)を強制性交等未遂の疑いで逮捕した。メディア報道などによると、男は昨年10月14日午後8時ごろ、所沢駅近くで男が女性に声を掛けて近くの月極駐車場に連れ込こみ、10代女性に性的暴行を加えようとした疑い。男と被害に遭った女性に面識はなかった。女性は抵抗して逃走し、翌日に所沢署に被害届を出していた。

f:id:imp0201:20190815110934j:plain

 大きな反響を呼んだのは逮捕された男の供述だった。警察の取り調べに対し、「以前に同意の上で女の子の胸を触ったことはあるが、どの女性かは分からない」などと容疑を否認したという。ネット上では、「思い出せないくらい沢山余罪があるのでは?厳しく調べてください」、「容疑を否認しているところで悪質性が高いな」という指摘のほか、「顔写真、氏名、大学名公表すべきです! 近所にいるかも知れないし」、「顔と名前を公開すべき。一生仕事に就けないようにし、ホームレスとして生きて貰おう」と容疑者の実名、顔写真の公表を望む声が多かった。