【スポンサーリンク】

女児にわいせつの大学生逮捕 驚きの供述に、「更生は無理」の声が

 東京・稲城市の商業施設で少女の下半身を触ったとして、大学生の亀井和真容疑者(21)が強制わいせつの疑いで逮捕された。警視庁によると、亀井容疑者は昨年10月、小学生の少女が家族と離れた際、下半身を触るなどした疑い。メディア報道によると、亀井容疑者は「触りたい気持ちが抑えられなかった。今まで15件から20件くらいやった」と供述しているという。 

f:id:imp0201:20200123110558j:plain

 ネット上では「被害女児は一生心に傷を負うことになります。厳罰に処してほしい。自制できない犯人に対して、再犯防止にGPSなどの策も必要だと思います」、「供述を聞いて呆れた。15~20件の余罪って…更生は無理でしょうね」などの書き込みが。一方で、「全く肩をつもりはありませんが、少数派の性的嗜好という意味で、LGBTQは善、小児性愛者は悪、と一言で片付けるのは荒っぽいような気がします。犯罪にならないような何か良い解決方法があるといいんですが」という意見もみられた。小児性愛者にどう向き合うか。被害を未然に防ぐためにも重要なテーマだ。