【スポンサーリンク】

ユニクロ柳井会長のある発言報道に、「この韓国擁護はおかしい」と批判殺到

 韓国ネットメディア・WoW!Koreaの報道で、ユニクロの創業者、柳井正ファーストリテイリング会長の発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 柳井会長は9日付で掲載された雑誌のインタビューで、「日本が韓国を敵対視するのはおかしい」として、「日本が韓国に反感をもつようになったのは、日本人が劣化したという証拠だ」と主張したという。また、「今までの30年間、世界は急速に成長してきたが、日本はほとんど成長できず、先進国から中進国になっていって、もしかしたら開発途上国に転落してしまうかもしれない」、「本屋で“日本が最高”という本を見かける度に、いつも気分が悪くなる」と不快感を示したと報じた。

 

 さらに、「このままでは滅びる」と日本の今後について厳しい見方を示し、改革案として①財政支出を半分に減らし、公務員の数も半分に減らすこと、②参議院と衆議院がきちんと機能していないとし、議会を単院制に替えることを主張したという。

f:id:imp0201:20191017072802j:plain

 ネット上では、柳内会長の発言に批判的な書き込みが多い。「レーダー照射されて敵対視しない国がどこにあろうか?韓国で売り上げを伸ばしたい気持ちは分かるがこの発言は頂けない」、「日本が中堅国に成り下がるとの意見は、有りだと思う。柳井さんのように国際企業を経営する人からみたら、日本はまだまだ閉鎖的で、島国根性が抜け切れずグローバル感が足りない。ただ、言われる内容、『日本が韓国に反感をもつようになったのは、日本人が劣化したという証拠だ』は違うと思う。明らかに人としての最低マナー、ルールを遵守できないから起きている現象でしょ」という意見が。

 

 また、「自分の商売上のマイナスに腹立たしい気持ちはわかるが、反日を叫ぶ韓国にも問題ありとは思うのが日本人の感覚だ。日本人の70%以上が日本の政策を支持している。ユニクロも日本国内に敵を作る方がマイナスだと思う。とても熟考した上の発言とは思えんな。影響でるぞ」、「この韓国擁護ともとれる発言はおかしい。今まで一方的に韓国に言いたい放題されて黙ってきた。反感を持つのは理由があるんです。ここにきてこちらが正当性を主張して何が悪いのか。もちろん嫌韓がエスカレートするのはよくない。でも韓国の反日運動に言及しないで『日本人が劣化した』はおかしい。私はユニクロユーザーですがこの発言が事実なら残念です」などの書き込みも。

 

 柳内会長も日本を愛するからこその提言だろうし、発言が細かく報じられていないため真意が伝わっていないかもしれない。また、ネット上の批判を覚悟しての主張だとも思う。世界でグローバルにビジネスを展開している経営者の発言に、耳を傾ける必要はあるかもしれない。