【スポンサーリンク】

反社会勢力と気づいていた?「闇営業問題」で芸人の謝罪文が波紋呼ぶ

 振り込め詐欺集団の忘年会に闇営業で参加していた問題で、吉本興業が24日に雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら所属芸人11人を謹慎処分としたことを発表した。宮迫らは金銭の授受を否定していたが、受け取った事実があったと同社が判断した。

 

 吉本興業は公式ホームページに謹慎処分を下した所属芸人11人の謝罪文を掲載したが、忘年会で振り込め詐欺集団と認識していなかったと強調したのは宮迫、ロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)、ガリットチュウ・福島善成(41)の3人のみ。宮迫は「相手が反社会勢力だったということは、今回の報道で初めて知ったことであり、断じて繋がっていたという事実はないことはご理解いただきたいです」、亮は「特殊詐欺グループとは本当に知りませんでした。そこだけは信じて頂きたいです」、福島は「5年前とはいえ、反社会勢力と知らず、そこで芸をして出演料を頂きました」とそれぞれ否定している。

f:id:imp0201:20190616170153j:plain

 残り8人の芸人は謝罪文の中で反社会勢力について言及していない。宮迫、亮は金銭の授受を当初は否定していたがその後で虚偽の告白だったと判明しただけに、反社会勢力であると認識していなかったという今回の謝罪文も疑念の声が強い。ネット上では「3人は否定しているけど、他の8人は反社会勢力と知っていたかについて触れていないのが気になる。本当に知らなかったのかな」、「報道を見ると入江は明らかに相手の素性を知っていたはず。なのに、それをあの忘年会に参加していた11人の芸人で誰一人知らないとか無理がある。反社会勢力であることを知っていたことを認めたら、いよいよ芸能界追放になるでしょう。本当に知らなかったのか徹底的に真相を究明するべき」という書き込みが。吉本興業の対応を含めて世間の風当たりは強い。騒動が幕引きしたとは言えないだろう。